三岳は「25度」の他に「原酒 39度」がある!

こんにちは。昨年末よりこのブログを書いておりますが、
私自身が元々日本酒好きのため、
日本酒の話題がどうしても多くなってしまいました。。

当店「まん天や」は、本格焼酎も色々置いているのです!
その中で今日は、屋久島の芋焼酎「三岳」を紹介致します。

鹿児島県産の黄金センガンを原料に、
硬度10という屋久島の超軟水と白麹を使ったこの焼酎は、
クセのない柔らかなコクで飲みやすいと、
芋焼酎ブームの前から人気を博してきました。

その「原酒39度」は、より力強く芋の深い香りと、
飲み口はアルコールの辛味がやってきて、
後から芋の甘味が濃厚に広がってきます。

芋焼酎の中でも、三岳25度は飲みやすいですが、
原酒39度はさすがに重厚なので、お湯割り等をお勧めします。
強い人ならストレートやロックで小さなグラスで
チビリチビリと舐めて味わう、という楽しみ方も良いですね。

当店では25度と原酒39度どちらも在庫しておりますので、
違うタイプの三岳を飲み比べてみてはいかがでしょうか。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment