店長日記ブログ

明日の2019年10月22日「即位礼正殿の儀の日」は営業します。

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

先週末の土日、地元の竹島神社でのお祭りがありました。

土曜日に降り続いていた大雨も夕方頃には弱くなり、手筒花火の奉納も無事に行われました。
私も3年連続手筒花火上げさせていただきましたが、
今年は落ちてきた火の粉で背中が燃えてしまい、それに気付かずに歩いていると
「木村~!後ろ後ろ~!」という声(笑)まさにドリフの番組のような展開になって少し焦りました💦
(その後消防団の皆様に水をかけてもらい、無事鎮火しました。)

翌日の日曜日は朝から穏やかに晴れて、お祭りも無事終了!

私にとってこの竹島のお祭りは秋の風物詩で、
毎年この祭りが終わると寒くなっていき、季節も冬に変わっていくイメージです。
皆様も季節の変わり目で体調を崩されない様に気をつけて下さい。
(私は今日インフルエンザの予防接種を受けてきました!)

 

…さて、明日10月22日は「即位礼正殿の儀の日」ですが、当店は通常通り営業します。
天皇陛下が即位を国の内外に宣明する儀式が皇居で行われる日で、
2019年限定の「国民の祝日」となります。

お休みの方が多いと思いますが、ぜひお祝いのお酒は当店を御用命下さいませ!

まん天やは「キャッシュレス・消費者還元事業」加盟店。10月21日よりオンラインショップでの5%還元もスタートします!

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

当店は国が主導で実施している「キャッシュレス・消費者還元事業」の
5%ポイント還元対象の店舗として認定されておりますが、

明日2019年10月21日より、まん天や店頭でのキャッシュレス決済だけではなく、
当店のオンラインショップでのカード決済も5%の還元が受けられるようになりました!

 

★「キャッシュレス・消費者還元事業」とは?★
国が主導で実施している消費税増税後の需要喚起対策で、
クレジットカードやQR決済などキャッシュレスでお買い物いただくと、
お買い物額の2%もしくは5%のポイント還元が受けられる制度。

この事業の「加盟店」(このポスターが貼ってあるお店)でのお買い物でなければ、
キャッシュレス決済によるポイント還元は受けられませんのでご注意ください。
またこの制度は2019年10月~2020年6月までの期間限定である事にもご注意ください。

 

当店では2019年10月21日現在、以下のキャッシュレス決済方法でお買い物していただければ
5%の還元を受ける事が出来ますので、この機会に是非ご利用くださいませ!

*QR決済の「PAYPAY」は、当店は10月下旬頃に審査完了予定と連絡がありました。
そのため2019年10月21日時点では5%還元はされません。恐れ入りますがご了承くださいませ。
5%還元されるようになりましたらまたご報告いたします。

 

今後使用出来るキャッシュレス決済は徐々に増えていく予定です。
今後とも当店でお買い物される際には、店頭でもオンラインショップでも
ぜひキャッシュレス決済をご利用くださいませ!

もうすぐ締切り!日本ワインの新酒「山梨ヌーヴォー 赤・白 2019」お急ぎ下さい。

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

日本ワインの新酒「山梨ヌーヴォ」。早いもので解禁まであと2週間となりました!
そして当店でのご予約締切りも、本日10/19(土)となりました。

「マンズワイン 山梨ヌーヴォ シリーズ2019」

(写真左)「マンズワイン マスカット・ベーリーA プリムール 2019」720ml

【タイプ】赤・辛口 渋み:ほどよい
【アルコール分】12%
【使用葡萄】山梨県甲斐市産マスカット・ベーリーA種100%
【概要】マスカット・ベーリーA種のフレッシュで華やかな香りを生かした深みのある色調でしっかりとした味わい
【価格(税別)】1,700円(ご予約特典価格:1,650円)

(写真右)「マンズワイン 甲州 プリムール 2019」720ml

【タイプ】白・辛口 酸味:ほどよい
【アルコール分】12%
【使用葡萄】山梨県甲府市産甲州種100%
【概要】甲州種のさわやかな香りや繊細な味わいを生かしたフレッシュでいきいきとした味わい
【価格(税別)】1,700円(ご予約特典価格:1,650円)

【ご予約締切り】10/19(土)

【商品のお渡し】11/2(土)~

 

毎年新酒なのに、新酒らしからぬしっかりした味わいで好評のマンズワイン「山梨ヌーヴォ」
フランスのボージョレヌーヴォーの原料となるぶどう「ガメイ種」のフレッシュ感とは違う、
日本固有種である「マスカット・ベーリーA種」の品質の高さと、
マンズワインの醸造技術の高さを感じさせます。

今年は「甲州種」100%で造られた「白の山梨ヌーヴォ」も初めて当店に入荷致します。
フレッシュで生き生きとした味わいの辛口の白で、
赤ワインより白ワインがお好きな方や、赤白飲み比べてみたい方におすすめです。

 

ご予約いただきました方はご予約特典として、
通常価格よりお得なご予約特典価格で販売させていただきます!

通常価格1,700円→ご予約特典価格:1,650円 *50円お得

*ご予約は基本「前金払い」となりますので当店にお越し下さいますようお願い申し上げます。

*商品の特性上、オンラインショップでの郵送販売はしておらず、
当店にて直接商品をお渡し出来るお客様のみのご予約受付となりますので、
何卒ご了承よろしくお願い申し上げます。

 

解禁まであと2週間。日本ワインの新酒「山梨ヌーヴォー」のご予約お急ぎくださいませ!

マンゴーの果汁と果肉が溶け込んだスッキリ甘口スパークリングワイン!「アリオネ ママ マンゴー」

蒲郡の酒屋まん天やの日記ブログをお越しいただき、ありがとうございます。
木村です。

台風19号が過ぎ去ったのも束の間、今日の蒲郡は朝からシトシトと雨が降り続いております。
この週末もまた全国的に雨となる模様です。

明日から2日間、町内のお祭りが開催されます。
このお祭りのために子ども達は毎晩公民館で踊りやお囃子を練習してきましたので、
何とかお天気も持ち直して欲しいなと思います。

さて、今週末はお祭り以外にもラグビーワールドカップの準々決勝をはじめ、
日本がワンチームになって盛り上がる、大きなイベントが目白押しです。
来週には天皇陛下の即位の礼、月末にはハロウィンですね!

本日はそんなイベントの際に、みんなで楽しめるマンゴー感溢れた甘口スパークリングワインのご紹介です。

「アリオネ ママ マンゴー」750ml

【生産地】イタリア(ピエモンテ州)
【分類】甘味果実酒
【葡萄品種】モスカート95% マンゴー果汁5%
【タイプ】マンゴー色・発泡性(やや甘口)
【アルコール度数】6%
【概要】スプマンテに完熟天然マンゴーの果汁&果肉がドッキングした、みずみずしい味わいのマンゴースパークリング。
【価格】1,800円(税別)

 

名前が「ママ マンゴー」だけに、
これはいつも家事や子育てを頑張ってくれているママに飲んでもらわないと…、
という訳で、奥さんと私とで飲んでみました!

マンゴーの天然の果肉が入っているので、
開栓前に瓶を優しく振って、マンゴーの果肉を混ぜるべし!
その後開栓してグラスに注ぐと…、

見事なマンゴー色です!

インポーターの「IIDA WINE」様によりますと、着色料は一切使用しておらず、
マンゴー果汁と果肉の天然の色を沈殿しないようにしているようです。

飲んでみますと…、甘酸っぱいマンゴーの完熟した果実感と、
そしてモスカートのスッキリとした甘味がバランス良く合わさって、
マンゴーの果実感が瑞々しくて甘いけど、爽快な炭酸ガスとも相まって
スッキリとした後味で非常に飲みやすいです!

これはおかずやご飯と合わすというよりも、食後のデザート用ですね!
チョコレートやスナック菓子、ピザなどのパーティフードに良く合うと思います。

まさに仲間と盛り上がるのにぴったりの「アリオネ ママ マンゴー」
日頃お世話になっている「ママ」にもおススメですよ!

10月27日(日)「蒲郡 福寿稲荷ごりやく市」に出店します!

蒲郡の酒屋まん天やの日記ブログをお越しいただき、ありがとうございます。
木村です。

10日後の10月27日(日曜)、蒲郡の中央通り商店街で開催される
「第93回 福寿稲荷ごりやく市」に当店が出店する事になりました!

「第93回 蒲郡市中央商店街 福寿稲荷ごりやく市」

【日時】令和元年10月27日(日)10:00~15:30
【会場】蒲郡中央通り商店街(歩行者天国)*蒲郡駅から徒歩3分
【当店出店予定場所】大岩会計事務所さん、ひな庄さん前
【出店内容】
●ほうらいせん吟醸酒粕焼酎「吟の精」2種の量り売り
●蒲郡のクラフトビール「HYAPPA BREWS」数種の販売
●新潟のスパークリング日本酒「あわっしゅ」2種の販売

【イベント概要】(蒲郡市ホームページより抜粋)
蒲郡商店街では、春と秋の年6回、中央通りを歩行者天国にして、
テント市や各種イベントを実施する「福寿稲荷ごりやく市」を実施しています。
平成26年9月には10周年記念の節目を迎え、商店街のイベントとして定着しつつあります。
なお、この事業は中心市街地の活性化を目的とした「蒲郡TMO事業」のひとつでもあります。
(福寿稲荷ごりやく市の詳細はコチラ

 

5月に実施された際にも出店させていただきました「ごりやく市」に、
再度出店させていただく事になりました!

今回は、蓬莱泉の吟醸酒粕焼酎「吟の精」2種(通常版・シェリー樽貯蔵版)の量り売りをはじめ、
蒲郡のクラフトビール「HYAPPA BREWS」を数種類と、
新潟のスパークリング日本酒「あわっしゅ」を2種類販売する予定です。

5カ月ぶりの出店となる「ごりやく市」、当店もとても楽しみにしております。

また当日のお天気によっては、「ごりやく市」自体が中止になる事もございますので
お含みおきください(少雨の場合は決行、台風などの荒天の場合は中止の予定です)。

取り急ぎ本日は出店のご報告と概要だけでした。
詳細はまたイベントの開催直前にご案内させていただきますのでぜひご期待下さいね!
皆様のご来場をお待ちしております。

台風19号の影響による一部地域への郵送引受停止について

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
木村です。

この度の台風19号の影響により、お亡くなりになった方々に心よりお悔み申し上げます。
また、被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。

蒲郡では台風による大雨の影響で市内を流れる複数の河川が増水し、
越水の危険が出てきたため、蒲郡全地区の消防団が出動し川沿いに土のうを積む作業に追われました。
近所では家の壁や屋根の一部が崩落したり、看板が突風で外れる等の被害がありました。

台風19号が過ぎ去った現在でも、中部地方、関東地方、東北地方の一部地域で、
河川の堤防決壊などで大規模な浸水被害がなお続いており、車両が入れない状況となっております。

そのため当店でもお取り扱いしております「ゆうパック」でのお酒の配送ですが、
下表の地域宛てのお届けお荷物の引受けをしばらくの間、停止させていただきます。

【ゆうパック(チルド便も含む)の引受けを停止するお届け宛地】(2019年10月15日現在)

対象となる都道府県名 対象となる地域(お届け宛地)
岩手県 宮古市、下閉伊郡山田町、釜石市及び下閉伊郡岩泉町の各一部地域
宮城県 宮城郡松島町、黒川郡大郷町、石巻市、名取市、岩沼市、登米市、柴田郡村田町、柴田郡柴田町、気仙沼市及び角田市の各一部地域、伊具郡丸森町の全域
福島県 郡山市、いわき市、岩瀬郡鏡石町、東白川郡矢祭町、二本松市、南相馬市及び相馬市の各一部地域、伊達市梁川町の全域
茨城県 水戸市の一部地域
栃木県 佐野市及び鹿沼市の各一部地域
群馬県 楽郡下仁田町の一部地域
長野県 長野市の一部地域

 

なお、その他の地域においても、
東日本を中心に道路事情により「ゆうパック」のお届けに遅れが発生する可能性がございます。

(2019年10月17日追記)こちらの引受停止地域は日々変動します。最新の情報は当店のウェブサイトのトップに更新していきます。詳細はJPの特設ウェブサイトをご覧ください)

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご了承を賜ります様、
お願い申し上げます。

台風で近所の川が増水…消防団緊急出動。本日10月12日は15時で閉店します。

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
木村です。

大型で非常に強い台風19号の接近に伴い、
本日は出入り口以外のシャッターを閉めて細々と営業する予定でしたが、
お昼頃に近所の落合川が増水したという事で消防団の緊急出動がかかり、
急きょ消防の活動服に着替え、土嚢を積む作業をしてきました。

先輩の団員の方に聞いたら、台風で出動する事は滅多に無いそうです。

14時過ぎ頃に一時解散→自宅待機となりお店に戻りましたが、
この頃から雨も風も一段と強まって来て、外を歩いていてもかなり危険な状態でした。

つきましては安全を期して、
本日10月12日は15時にお店を閉店させていただく事になりました。

勝手を申し上げますが、ご了承なにとぞよろしくお願い申し上げます。

明日10月12日は出入口以外のシャッターを閉めて営業します。

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
木村です。

本日は、明日10月12日(土)の当店の営業についてご案内致します。

大型で非常に強い台風19号が、東海~関東に明日の午後に最接近する事を受け、
当店は普段通り朝10:00から夜19:30まで営業しますが、
風雨が強まる時間帯(特に午後)は、窓ガラスの破損、周りへの飛散を防止するため、
出入口以外のシャッターを全て閉めた状態にして営業致します。

また、当店からのゆうパックによる商品の発送手配も明日12日は休止させていただきます。
もし12日にご来店されて商品のお届けをご希望される場合は、
翌週15日(火)以降の発送になります事を、なにとぞご容赦くださいます様お願い申し上げます。

明日は不要不急の外出は避けて、安全第一でお過ごし下さい。

<新着>広島の小京都・竹原の旨味豊かな地酒「誠鏡 純米雄町八拾 生詰原酒」

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
木村です。

大型で猛烈な勢力の台風18号ですが、
どうやら今週末に蒲郡をかすめるように日本列島に上陸する可能性が高いようです。

JRをはじめとする公共交通機関の中には、
この時点で12日の計画運休を検討する動きもあるようです。
これらの状況を鑑みて、当店も12日(土)の営業をどうするか検討します。

通常営業か、あるいは10~14時の短縮営業か、もしくは完全に休業とするか、
明日11日には正式にご案内させていただきます。
恐れ入りますがご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

…さて、本日は当店でこの10月より新たにお取り扱いさせていただく事になりました、
広島県竹原市の歴史ある地酒蔵「中尾醸造」様が造る、
「100%地元産雄町米」の旨味豊かな日本酒のご紹介です!

「誠鏡 純米雄町八拾 生詰原酒 (番外品)」720ml

【原料米】竹原仁賀地区産「雄町」100%
【精米歩合】80%
【日本酒度】+3.5 【酸度】1.4
【アルコール度数】16度
【概要】精米歩合80%で、地元産の雄町の濃醇な味わいを引き出した無ろ過生詰原酒。
【価格(税別)】1,420円

*2019年10月より当店で新規お取り扱い開始の酒蔵「中尾醸造」のお酒です!

 

広島県竹原市は「安芸の小京都」と呼ばれ、国の重要文化財にもしていされている
古い文化的な町並みが残る町です。
清酒「誠鏡(せいきょう)」を醸す中尾酒造様は、
その竹原の地で創業して以来、約150年間こだわりの酒造りを続けています。

(現在の竹原地区 ~中尾醸造様ウェブサイトより~)

中尾醸造のこだわりの一つとして挙げられるのが、地元米「雄町」を使った酒造りです。

もともと雄町は1859年に岡山で生まれ、その後竹原に伝わりました。
雄町は現在酒米としてポピュラーな「山田錦」や「五百万石」のルーツの酒米です。

しかし野生種であることから病弱な品種で、稲の背が高いため倒伏もしやすく、
栽培が難しいという事で生産量が激減、一時は「幻の酒米」と言われる事もありました。
しかし現在は中尾醸造様を含めた多くの酒蔵の努力によって復活しています。

中尾醸造様が地元である竹原仁賀地区で5つの契約農家と共に作る雄町の特長は、

「ふくよかで円みのある旨み」「幅のある複雑な味わい」「深いコク、長い余韻」
「米の甘みと酸味との調和」「熟成を経て開く旨み」

この5つを挙げておりますが、今回ご紹介するこの「純米雄町八拾 生詰原酒 」は、
これらの特長を全て余すところなく体現している日本酒だと感じました!

奥行きのある旨味と、爽やかな酸とのバランスが取れた、複雑な味わい。
無ろ過である事、半年熟成した生詰め原酒である事も相まって、
ズシっと来て、ジワ~っと広がる濃醇辛口です。
「実りの秋」のイメージにぴったりな味わいです!

こちらのお酒は秋のみの季節限定酒だそうですので、ぜひこの機会にお試し下さい。
もちろん当店で試飲も出来ます。ぜひお客様自身で味わいをお確かめくださいませ!
(注意)お車を運転される方は試飲出来ません。

ほうらいせん吟醸工房でオリジナル純米大吟醸「一(いち)」(1BY)の仕込み体験!

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
木村です。

先日の2019年10月7日(月)、朝から車を走らせ、
当店のオリジナル純米大吟醸「一(いち)」の仕込み体験をさせていただくため、
豊田市黒田町にある「ほうらいせん 吟醸工房」にやってきました。

(お酒造り体験前に、関谷醸造の鈴木様から酒造りについて興味深いお話を聞けました)

今回で6年目となる「一(いち)」の仕込み。昨年は三河湾ネットワーク(ケーブルテレビ)で、
「一(いち)」をまん天やイチ押しのお酒として紹介していただく等、
おかげ様で年々人気も出てきており、売切れてたびたび欠品になる期間も出てきました。

そこで今回は、前回よりも仕込みタンクのサイズを大きくして仕込む事になりました。
そのためお酒造り体験時に使用する掛け米の量もいつもの2倍となり、
友人と私だけの二人だけでは「放冷作業」が追い付かず、鈴木様と宮瀬杜氏に手伝っていただきました。

(「放冷」は目的の温度まで蒸米の温度を下げるために蒸し米を均等に広げて冷ます作業です。
蒸し上がりのお米は約80度近くあるのでとても熱い💦気合で乗り切りました)

その後、蒸し米を適温(20度近く)まで冷ました後、「掛け米」として仕込みタンクに投入。
この作業がいわゆる「三段仕込み」の最後に行う「留め仕込み」となります。

前回よりもタンクが大きいため、台に乗って「櫂入れ」
櫂棒で仕込みタンク内をまんべんなく混ぜる事で、温度を均等にして安定的に発酵しやすくします。

 

最後はお酒の神様(松尾大社様の神棚)に美味しいお酒に仕上がる様にお祈りし、
無事お酒の仕込み体験が終了しました!

友人も貴重な体験ができた!と喜んでもらい、こちらも嬉しかったです。

関谷醸造の鈴木様はじめ、お酒造り体験や蔵見学などご対応いただきました吟醸工房の皆様、
誠にありがとうございましたm(__)m!

記念すべき令和元年度醸造(1BY)の「一(いち)」、「一尽くし」という事で、
良い出来栄えが期待出来そうですよ(笑)。

今回仕込まれた「一(いち)」のしぼりたて生原酒版の発売は、約2カ月後の12月初旬の予定です。
詳細はまたこちらのブログでご案内させていただきますので、ぜひご期待下さい!