岡山・倉敷市の熊屋酒造様が造る日本酒「庵(あん)」シリーズ販売開始!

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

本日はこの7月から新たにお取り扱いさせていただく事になりました、
岡山県倉敷市の熊屋酒造様が造る日本酒「庵(あん)」のご紹介です!

(写真右)
「庵(あん)備前雄町 特別純米」720ml(岡山デニム柄ラベル)

【アルコール度数】16%
【日本酒度】+5.0 【酸度】1.8 【アミノ酸度】1.0 【酵母】協会9号
【原材料名】雄町(岡山県産備前雄町)100%使用
【精米歩合】60%
【概要】フルーティな香りながら口当たりは濃厚で酸のしっかりした辛口。硬質感と旨味が調和した骨太酒。
【価格(税抜)】1,350円

(写真左)
「庵(あん)備前朝日 無濾過 純米吟醸」720ml(備前焼色ラベル)

【アルコール度数】16%
【日本酒度】+1.0 【酸度】1.3 【アミノ酸度】1.0 【酵母】明利M310
【原材料名】備前朝日(岡山県産)100%使用
【精米歩合】55%
【概要】華やかな香りと軽快で柔らかい旨味。食中、食後問わず楽しめる万能酒。
【価格(税抜)】1,350円

*2020年7月より当店販売開始しました!

 

江戸時代に創業以来、300年以上の歴史を持つ岡山県倉敷市の熊屋酒造様による「庵(あん)」シリーズは、
岡山県で契約栽培された希少な地元品種米(備前雄町・備前朝日)を使用した日本酒です。
(名前の由来は蔵の当主である庵谷さんから)

倉敷はジーンズの街という事で、デニム柄のラベルを採用した「備前雄町 特別純米」は、
契約栽培された「備前雄町」を使用。フルーティな香りながら、口当たりは濃厚で酸のしっかりした辛口。
硬質感と旨味が調和した骨太酒となっております!旨味を存分に味わうには常温で飲むのがおすすめです。

そして岡山の備前地区は備前焼の産地という事で、備前焼色ラベルを採用した「備前朝日 純米吟醸」は、
岡山でしか栽培されない希少なオリジナル品種「備前朝日」を使用。無濾過原酒ですが重たくなく、
華やかな香りと軽快で柔らかい旨味で、食中、食後問わず楽しめる万能酒となっております!
軽快な味わいを引き立てるのには、冷やして飲むのがおすすめです。

どちらもお米の良さを最大限に引き出すため、
瓶燗火入れした後は5℃以下で冷蔵瓶貯蔵して出荷されました。
当店でもその品質を維持するため、冷蔵庫に入れて販売しております。

「骨太」と「軽快」、この二つの個性を表現した日本酒「庵(あん)」をぜひお試しくださいませ!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.