来年の干支「丑(うし)」をモチーフにした2つの「牛ラベル赤ワイン」販売中!

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

2020年の11月もあと少しで終わり。気が付いたらもう年末目前となりました。

このところ例年よりも大分暖かい日が続いていましたし、
年末恒例の忘年会の予定も「新型コロナ第3波」の影響で中止になったりしましたので、
心身が年末モードに切り替わってなかったのか、今年は唐突に年末が来た感じです。

そこで本日は年末モードに切り替えていく意味もこめて、
来年の干支「丑(うし)」をモチーフにした、2つの「牛ラベル」赤ワインをご紹介します!

(写真左)「ポー ド ヴァッシュ カベルネソーヴィニヨン」750ml(スクリューキャップ)

【生産地】フランス(ラングドック ルーション)
【クラス】IGPペイドック
【葡萄品種】カベルネソーヴィニヨン100%
【タイプ】赤・ミディアムボディ  【アルコール度数】13.5%
【概要】ワイン名は牛皮をイメージしたラベルに由来。
リッチな果実感にハーブのニュアンスと程良いタンニンで飲みやすい赤。
【価格】1,500円(税別)

(写真右)「ボデガス ルマーズ ロブレ」750ml

【生産地】スペイン(カスティーリャ イ レオン州トロ)
【クラス】DOトロ
【葡萄品種】テンプラニーリョ(ティンタ デ トロ)100%
【タイプ】赤・ミディアムボディ  【アルコール度数】14%
【概要】「闘牛」の意味を地名に持つ赤ワイン名産地トロのワイン。
力強い果実感に樽熟のニュアンスが魅力の赤。
【価格】1,500円(税別)

 

牧歌的なホルスタインと、勇ましい闘牛、タイプは違いますが、
どちらのワインも「牛(うし)」がモチーフのエチケットラベルが印象的な赤ワインです。

そしてどちらのワインも、牛肉料理との相性がバツグンなのです!

南仏でつくられた「ポー ド ヴァッシュ カベルネソーヴィニヨン」(ホルスタインラベル)は、
バランスの取れた飲みやすい赤。ローストビーフやカツレツなど、
幅広い牛肉料理に合わす事が出来ます。

スペインの「ボデガス ルマーズ ロブレ」(闘牛ラベル)は、
力強い果実味が魅力の赤。炭火焼や牛すき焼きなど、
スパイシーだったり、濃い味付けの牛肉料理と一緒に飲むのがおススメです。

(特設コーナーに陳列して販売中!)

この年末年始は「干支ラベルワイン」でゆく年くる年を思いながら家飲みしませんか?

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.