秋のはじまり!「山﨑醸 ひやおろし 純米吟醸原酒」入荷しました。

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

明日9月9日は「重陽の節句」。
9は九の発音が「久」に通ずる点と、漢字1文字で書ける最大の陽数(奇数)である事から、
幸運の数字とされており、その陽数9が重なる9月9日はとても縁起の良い日なんだそうです。

この重陽の節句に合わせて、秋の季節酒である「ひやおろし」第一弾が入荷してまいりました。

山﨑醸 「ひやおろし」 純米吟醸原酒
・原料米:奥三河で契約栽培した夢山水100%
・精米歩合:60%
・アルコール度数:17.5度
・日本酒度:+3.0 ・酸度:1.8 ・アミノ酸度:1.6
・価格(税別):1,380円(720ml/写真:右) 2,950円(1800ml/写真:左)

 

「ひやおろし」とは冬に搾ったお酒を一度火入れをしたのち、貯蔵庫で夏の間熟成させて、
秋口になって、瓶詰め前の火入れを行わず「冷や」のまま「卸す(出荷)」したお酒の事です。

約半年以上、低温の貯蔵庫で熟成させられた「ひやおろし」は、
程良いまろやかさと味が乗ったお酒へと成長します。
秋になって酒質が上がる事から、別名「秋あがり」とも呼ばれます。

秋のはじまりを告げる季節酒「ひやおろし」。当店にも各蔵から続々と入荷してまいりますが、
今年の一番乗りで入荷してきたのはこちらの「山﨑醸」のひやおろしです。

実はこの山﨑醸のひやおろし、
昨年の平成29年名古屋国税局酒類鑑評会で優等賞を受賞したお酒でもあります。

*名古屋国税局のホームページより抜粋。優等賞受賞者名簿はコチラ。
https://www.nta.go.jp/about/organization/nagoya/sake/kampyo/66/meibo.htm

 

「山﨑醸」は当店では今年からお取り扱いがスタートしたお酒ですので、
昨年の山﨑醸のひやおろしは、西尾の酒屋さんまで買いに行って飲んだのを覚えてます。
今年の出来栄えはどうでしょう?早速入荷してきた山﨑醸のひやおろしを飲んでみました。

香りは穏やかで甘く、上品な佇まいです。
口に含んでみると濃醇で力強い口あたり、ほど良く舌を刺激する酸味、
その後じんわりと旨みの余韻が口から喉元に広がっていきます。

アルコール度数が17.5度とかなり高い原酒なのですが、
荒々しい感じが無く、まろやかに落ち着いた懐の深い辛口酒に成長しております。

これがまさに「秋上がり」した「ひやおろし」の魅力ですね!
半年以上の熟成が、しぼりたてのお酒では味わう事の出来ないまろやかな旨味を生み出します。

そんなひやおろしの中でもこちらの「山﨑醸 ひやおろし 純米吟醸原酒」は、
濃醇で飲み応えのある部類になりますので、日本酒党の方にはきっとご満足いただけると思います。
食中酒として、秋の味覚にも良く合うと思います。個人的にはさんまの塩焼きがおススメです。

この時期だけの季節限定酒ですのでお求めはお早めにどうぞ。
また当店では今年もひやおろしは全銘柄試飲出来ます。
(注意:お車を運転されるお客様は試飲出来ません)
ぜひ実際に味わってひやおろしの美味しさをお確かめください。

1件のコメント

  1. […] 香りは穏やかでも濃醇で飲み応えある辛口「山﨑醸 ひやおろし 」か、 […]

    ピンバック by 飲み比べて下さい!2018年も当店の「ひやおろし」全種類試飲出来ます。 | 蒲郡の酒屋まん天や — 2018年9月28日 @ 8:19 PM

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.