愛知豊橋のご当地純米大吟醸「酛々(もともと) 純米大吟醸」のひやおろし版が入荷しました!

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

このところ雨模様で気温が上がらない日が続いておりますが、
夜になると虫達がリリリリン…と静かに鳴く、秋らしい気候になってきました。
今週からクーラーも付けずにぐっすり寝られてます。

まん天やにも、今週から秋の季節酒が続々と入荷してきております。
既に週末となってしまいましたが、遅ればせながらご案内をさせていただきますm(__)m。

以前、こちらのブログで紹介させていただきました、
豊橋の酒蔵 伊勢屋商店様と、東三河の酒屋が共同開発して生まれたご当地酒「酛々(もともと) 」の、
「ひやおろし版」が今年も入荷してまいりました。

「伊勢屋商店 酛々(もともと) 純米大吟醸 ひやおろし」720ml
・原料米:夢吟香(精米歩合50%)
・アルコール度数:15~16%
・価格(税別):1,800円

 

原料米は愛知県豊橋産の酒造好適米「夢吟香」を50%精米
純米大吟醸クラスの贅沢な「ひやおろし」です。

お店のスタッフで試飲してみましたが、今年の酛々ひやおろしは香りが非常に良く、
お米の旨みとキリリとした少し辛口の味わいのバランスがとれて、高級感を感じました。
醸造責任者である小林周太郎杜氏によりますと、
今年は火入れの時期を少し遅くしたため、お酒自体のフレッシュ感が例年以上に残っているそうですが、
夏に蔵出しされた酛々(もともと) の生貯蔵酒版と飲み比べますと、
ひやおろし版は秋までの熟成を経て、落ち着いた酒質に仕上がっていると感じました。

少し冷やして飲むのが、
吟醸香とお米のすっきりとした旨みが存分に味わえるのでおススメです。

「ひやおろし」の他にも、当店にはフレッシュな「生貯蔵酒」版と、
半年の生熟成を経た「無濾過生原酒」版もございます。
試飲も出来ますのでぜひ飲み比べてみて下さい!

(注:お車を運転の方は試飲出来ません)

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.