秋の始まり!一念不動特別純米「ひやおろし」入荷しました。

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。

昨日9/13は、名古屋にある酒類食品商社のイズミック様で実施された
「東海三県若手蔵元試飲会」に参加させていただきました。

名古屋栄にあるイズミック様本社ビル

 

14時に到着。既に開場は大勢の人。

 

この試飲会では、約20の蔵元の若手杜氏の方々とお話しをする事が出来て、
愛知、岐阜、三重の地域に根差したそれぞれのお酒の特色や、
各蔵元様のお酒造りに対する考え方をよく知る事が出来ました。

また、展示ブースに並んでいたお酒を見て気付いたのは、
どの蔵元様も「ひやおろし」を出品していた事です。

「ひやおろし」というのは、
冬に搾ったお酒を一度火入れをしたのち、貯蔵庫で夏の間熟成させて、
秋口になって、瓶詰め前の火入れを行わず「冷や」のまま「卸す(出荷)」したお酒の事を指します。

約半年以上、低温の貯蔵庫で熟成させられた「ひやおろし」は、
程良くまろやかさと味が乗ったお酒へと成長します。
そのためひやおろしは、秋になって酒質が上がる事から、別名「秋あがり」とも呼ばれます。

今回出品した蔵元様のひやおろしは全て試飲させていただきました。
それぞれ個性はもちろん違いますが、共通して言えるのはどれも味とコシがあり、飲み応えのあるお酒ばかり。
まさに秋の初めのこの時期しか味わう事の出来ない季節酒を、たっぷりと堪能してまいりました!

そして時を同じくして、当店にも毎年好評の「ひやおろし」が入荷してまいりました!


「一念不動 特別純米酒 ひやおろし」
・原料米:夢山水60%
・アルコール度数:17%
・価格(税別):1,200円(720ml)  2,400円(1800ml)

 

こちらは愛知の酒造好適米「夢山水」で造った特別純米酒を
春先から約半年間寝かせた「ひやおろし」です。
一念不動のコンセプトである「熟成原酒」の通り、
このひやおろしも、もちろん加水をしていない原酒だけあって、
トロリと濃厚で、奥行きのある熟した旨みを味わう事が出来ます。

ちなみに私が初めて飲んだ一念不動のお酒が、この「ひやおろし」でした。
華やかさはありませんが、お米の旨みに溢れた一念不動の質実剛健なスタイルを
私に印象付けたお酒となりました。

今週設置したばかりの新しい冷蔵庫に入ってます。

また、去年の一念不動のひやおろしは、
昨年11月に実施された東海地方の酒類鑑評会「純米酒の部」で、
見事「優秀賞」に選ばれました!今年の出来栄えも期待できますよ!

その時の中日新聞の記事です。

秋季のみの数量限定商品となっております。
売切れ御免。お求めはお早めにどうぞ!

 

1件のコメント

  1. […] 前に紹介しました「一念不動」のひやおろしは、原酒ゆえの濃厚で米の旨みが凝縮したトロリ感がありましたが、 それに対してこの「 夢筐」はバランスの取れたスタンダードな味わい。 冷やして飲むのがおススメです。 […]

    ピンバック by トンネル貯蔵のお酒。蓬莱泉 特別純米ひやおろし「夢筐(ゆめこばこ)」入荷しました! | 蒲郡の酒屋まん天や — 2018年4月12日 @ 4:26 PM

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.