トンネル貯蔵のお酒。蓬莱泉 特別純米ひやおろし「夢筺(ゆめこばこ)」入荷しました!

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

今日9/23は秋分の日(土曜日なので気付きませんでした💦)。
この日を境に徐々に夜の時間が昼よりも長くなっていき、秋も一層深まっていきます。

当店にも日本酒の秋の風物詩「ひやおろし」が続々と入荷してきております。
その中で本日は愛知の銘酒「蓬莱泉」のひやおろしを紹介させていただきます。


「蓬莱泉 特別純米 ひやおろし夢筺(ゆめこばこ)」
・原料米:麹米…夢山水100% 掛け米…チヨニシキ100%
・精米歩合:55%
・アルコール度数:15%
・価格(税別):1,320円(720ml)  2,640円(1800ml)

 

「トンネル貯蔵」で有名なひやおろしです。

ラベルにも奥矢作トンネルの絵が描いてあります。

 

このお酒が約半年間寝かされていた「奥矢作トンネル」の中は、
年間通じて気温が12度前後で温度変化も少なく、熟成に良い環境なのだそうです。

実際に飲んでみると、スッキリとクセのない米の味わいと、後味が適度にキレて、非常に飲みやすいです!

前に紹介しました「一念不動」のひやおろしは、原酒ゆえの濃厚で米の旨みが凝縮したトロリ感がありましたが、
それに対してこの「 夢筺」はバランスの取れたスタンダードな味わい。
冷やして飲むのがおススメです。

ちなみに余談ですが、この「奥矢作トンネル」は元々、
中部電力が所有していた水力発電設備の構内トンネルを、
お酒の熟成のために蓬莱泉の関谷醸造が借用したのだそう。
電力業界としては初の試みだったそうです。

異業種同士がチャレンジして生まれたトンネル貯蔵のひやおろし。
ぜひ味わってみて下さい。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.