日本酒の日に蔵出しされたしぼりたて無濾過生原酒!「越の誉 葉月みのり 新米新酒」入荷しました!

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

10月1日(日本酒の日)に蔵出しされたばかりしぼりたて無濾過生原酒、
「葉月みのり新米新酒」が今年も入荷しました。
令和3年醸造のしぼりたてとしては当店一番乗りです!

「越の誉 純米葉月みのり 新米新酒」720ml

【原料米】新潟県柏崎市刈羽村「葉月みのり」100%
【精米歩合】90%
【日本酒度】±0 【酸度】2.3
【アルコール度数】16度
【概要】新潟で一番早く収穫された「葉月みのり」の新米使用。精米歩合90%のしぼりたて無濾過生原酒。
【価格(税込み)】1,595円

*2021年10月2日入荷しました!

 

10月1日の日本酒の日は、今年度の日本酒醸造シーズンの始まりを告げる記念日でもあります。
「越の誉 純米葉月みのり 新米新酒」は、まさにその日に蔵出しされました。
8月(葉月)に収穫できる極早生のお米「葉月みのり」でつくられた、
令和3年度醸造で一番乗りのしぼりたて生原酒です。

「%(パーセント)」の記号に模して「精米歩合90%」の超低精白のお酒である事を表現したラベルデザイン。
精米歩合90%というと、私たちが普段から食べている食用の白米とほぼ一緒です。
日本酒造りにおいては雑味を生むため不要とされている、お米の外側のたんぱく質や脂質部分を、
敢えてそのまま残した状態(米糠を粗く取り除く程度)で醸した事で、
「葉月みのり」の新米のみずみずしい美味しさをダイレクトに表現しました。

飲んでみますと、米ぬか、きな粉を感じさせる濃厚なお米の旨みと爽やかな甘み、
ハツラツとした軽快な酸でとてもフレッシュな味わいです!

早秋の新潟を感じさせる、自然の風味に満ち溢れ、
秋の深まる10月の日本酒シーズンのスタートにぴったりのフレッシュな新米新酒です。

蔵元様によると限定3,000本のみの醸造との事。
追加では仕込まないそうですので、お求めの際にはお早めにどうぞ!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.