いよいよプロ野球開幕!中日でら期待しとるでね!「白老 でらから 純米酒」

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

球春到来!現在開催中のセンバツ高校野球に続き、
本日3/30(金)は、いよいよプロ野球2018シーズンのペナントレースが開幕します!

私は小学校時代から30年来の中日ドラゴンズファンです。
ファンになったきっかけは、1988年のリーグ優勝を果たした時のドラゴンズの戦いっぷりです。

当時の指揮官であった星野監督の闘将ぶりを筆頭に、
彦野、立浪、ゲーリー、落合、宇野、仁村弟、川又、中村武の1番から8番まで息をつかせない強力な打線、
小野、小松を始めとした期待を裏切らない先発陣、そして抑えの郭源治の気迫あふれる投球と見どころがいっぱいで、
どんなにリードされていても最後には逆転勝利する試合が多かったので「ミラクル竜」なんて呼ばれてました。

当時はテレビ中継も今より多くやってましたが、あえてAMラジオの実況をドキドキしながら聴くのが好きでしたね。

近年のドラゴンズは、リーグ下位に低迷する事が多くなりましたが、
今年は松坂の入団をはじめとした明るい話題が多く、
NHKの番組でやっていたセ・リーグ6球団の監督座談会での森監督の飄々とした余裕の発言を見ていたら、
「もしかしたら今年は良い成績出せるんじゃないか?」と勝手に期待してしまっています。

せっかくなので名古屋弁で応援させていただきます。

「中日ドラゴンズがんばりゃー!今年はでら期待しとるでね~(^^)/」

 

…さて本日は名古屋弁で「凄く辛い!」と名付けられるほどの超辛口の純米酒のご紹介です。

「白老 でらから 純米酒」720ml
・原料米:五百万石・日本晴れ(精米歩合75%)
・アルコール度数:15%
・日本酒度:+10 酸度:1.8

・価格:1,160円(税別)

 

愛知県常滑市の「清酒 白老」の酒蔵、澤田酒造様の新商品です。
白老には名古屋国税局酒類鑑評会「本醸造」の部で、
4年連続優等賞を受賞した辛口酒「からから」がありますが、
その純米酒バージョンとして新たに造られたのがこのお酒です。

このお酒の名前「でらから」は、名古屋弁で「すごく辛い」という意味ですが、
その名の通りの超辛口(日本酒度+10)に仕上がっております。

白老の特徴でもある、昔ながらの製法で丁寧に醸した純米酒ですので、
辛口とはいえ、口あたりはとてもきれいでまろやかです。
そしてしばらくするとじわりと辛さが後からやってきてキレていき、五臓六腑に染み渡っていく感覚。
「ぬる燗」にしてみても美味しいです!

今晩の中日ドラゴンズの広島カープとの開幕戦、私はこの「でらから」飲みながら応援しますよ(笑)!

ドラゴンズの開幕戦勝利を「でらから」飲んで、でら期待しとるでね~👍。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.