<ご連絡>6月4日~9月30日の間、品質保持のため蒸留酒以外はクール便でのお届けとなります。

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。
木村です。

今週はじめは、久しぶりにまとまった雨が降って、
カラカラに干上がった東三河の水がめ「宇連ダム」の貯水量も少し持ち直しましたが、
次の日からは最高気温が30度に迫る夏のような暑さの日が続いております💦。

そして週末には蒲郡も予想最高気温が31度と、ついに今年初の「真夏日」を記録しそうです!
今週の土曜日は長男の運動会、日曜日は「ごりやく市」イベントで、
屋外にいる時間がいつも以上に多いですが…、果たして大丈夫でしょうか(笑)?

まだ5月なのですが、この調子でいくと6~8月はどれくらい暑くなるのか、
この暑さで日本が熱帯化し、昨年のような集中豪雨が起こらないか、
今から心配になる程の暑さが早くも訪れております。

この暑さによって商品が劣化しない様に、つきましては来月6月より、
当店での商品の配送に関しまして夏季限定対応をさせていただきます。

ホームページの「特定商取引法に基づく表記」にも記載しておりますが、
まん天やでは商品をお届け先様へ配送する際、商品の品質保全のため、
2019年6月4日~9月30日の間は、蒸留酒を除く商品(日本酒・ワイン・醸造酒ベースリキュール等)を
すべてクール便でお届けさせていただきます。

火入れ(滅菌処理)を全くしていない生酒等は、お酒の中の微生物が生きており、
高温等の環境下では品質変化の危険が高まるため、通年クール便でお届けをしておりますが、
未開封の火入れされた日本酒でも、長時間30℃を超えるような高温の状況下に晒されると、
お酒に色が付いたり、「老香(ひねか)」と呼ばれる、汗がムレたような不快な香りが発生する等、
著しくお酒の品質が損なわれてしまう恐れがあります。

当店では、蔵元で造られた時の品質を、可能な限り保持したままお客様にお届けしたい考えから、
火入れされている吟醸クラスの日本酒は冷蔵庫で管理しており、
日光による劣化を防ぐために、お店の窓には紫外線カットフィルムを貼っております。
生酒や透明瓶等は着色を防ぐため、1本1本に新聞紙を巻いて保管しております。

配送に関しても同様、輸送過程での急激な温度変化によって品質劣化は避けたいと考え、
つきましては焼酎などアルコール度数が高く、劣化の危険性が少ない蒸留酒以外の商品配送に関しては、
気温が高くなる夏場(6/4~9/30)は、5℃以下で輸送するクール便でのお届けとさせていただきます。

そのため、この期間にご注文頂いた配送に関しては、送料とは別途、保冷料金が加算されますので、
ご了承くださいませ。
(保冷加算金額は「特定商取引法に基づく表記」ゆうパックサイズ制運賃表に記載しております。)

恐れ入りますが何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.