春の新着ワインその① ちょっとプレミアムなスパークリング「シュールダルク クレマン ド リムー ブリュット」

こんにちは。昨日2月24日(金)はプレミアムフライデーでした。
政府が月末の金曜日の終業時間を午後3時に早める事で、
夕方からの買い物や飲食、旅行等にお金を使ってもらい、
いつもよりちょっと贅沢をしてもらう政策ですが、
皆さんはどう過ごしましたでしょうか?

この政策はニュースでも大きく取り上げられてましたが、
お仕事の内容によっては早く仕事を切り上げるのは
難しい部分もありますよね。

私達のような酒の業界に身を置く者としては、
お酒でお客様に贅沢してもらう、いわゆる「提供側」ですので、
何とかこの政策に便乗出来ないか・・・と、調べていましたら、
面白い記事が載ってました。

【酒飲みのミカタ】明るいうちからプレミアムな酒が飲みたい
(出典:酒文化研究所 2017.02.01)

この記事に載っているアンケートは酒への関心が高い100人が対象のため、
一般的な統計とは違うかもしれませんが、
「あ~これこそ酒飲みにとっての贅沢だな」と激しく同意してしまいました!

平日の、それもまだ日が高いうちにお酒を飲む。
この事を「ダメ」と感じてしまう潜在意識が、
日本人にはどこかしらあると思います。その裏返しなのか酒飲みには、
昼間から家で酒を飲むのが最高の贅沢だったりします。

月に一度は早く家に帰り、晩御飯前に一杯やりながら沈む夕日を眺める、
というのも心が豊かになってプレミアムな気持ちを味わえますね。
そこで本日は、そんなプレミアムな週末にピッタリな、
ちょっと贅沢な食前酒として楽しめるスパークリングワインをご紹介します。

「シュールダルク クレマン ド リムー ブリュット」
imported by IIDA WINE   2,500円(税別)

先日名古屋で開催された飯田ワイン様の試飲会で仕入れてきた
南仏のクレマンです。
クレマンとは、シャンパーニュと同じ伝統製法を用いて、
フランスの定められた地域でしか造れないスパークリングワインです。

瓶内二次発酵特有のキメ細かい泡と酸味、
そこに熟成によるコク味がバランス良く合わさり、
シャンパーニュにも引けを取らない上質な味わいです。
その後に控える晩御飯も、更に美味しくいただけると思います。

今までこのブログは日本酒や焼酎の紹介ばかりでしたが、
今回をキッカケに、今後はワインのご紹介も
ちょくちょくしていこうと思います。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.