白ワインだけど茜色?山形のタケダワイナリー「ブラン ド ノワール 樽熟成」入荷しました!

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

3回目のワクチン接種による副反応に苦しんでおりましたが、
何とか昨日の午前中に治まりましたので近所を散歩しました。

3月とは思えない程のポカポカ陽気でびっくりしました。
なんと近くの桜はもう開花してましたので更にビックリしました🌸

休み明けの今日は、そんな桜の季節におススメのサクラ色のワイン、
山形県上山市のタケダワイナリー様の「ブラン ド ノワール 樽熟成」をご紹介します!

タケダワイナリー「ブラン ド ノワール 樽熟成」750ml *スクリューキャップ

【生産地】山形県上山市
【葡萄品種】山形県産「マスカットベーリーA」100%
【タイプ】白ワイン・辛口  【アルコール度数】10%
【概要】本来赤ワイン用のブドウを、白ワインとして白ワインの製法で醸造した茜色の白ワイン。
【価格】3,344円(税込み)

*2022年3月当店入荷しました!

 

山形県産「マスカットベーリーA」100%使用。本来このブドウ品種は赤ワイン用の品種なのですが、
敢えて白ワインとして、白ワインの製法で醸造したワインです。
そのためロゼワインに近い、鮮やかな茜色をしています。

 

グラスに注ぐとイチゴやアセロラの様なチャーミングな香りが一気に漂ってきます!
そして飲んでみると濃厚なイチゴジャムの様な果実味が口中に溢れます🍓
そこにオーク樽熟成によるバニラ系の柔らかな風味が溶け込んで良いバランスをとっています。
アフターは適度なタンニンが味わいに深みを出しております。
フルーティさを美味しく味わうために、10℃くらいに軽く冷やすのがおススメです。

桜の季節におススメの、心がウキウキするワインです。
ぜひ皆さんも一度この不思議なサクラ色の白ワインを味わってみて下さい!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.