果実感と南国感でいっぱい!シチリア島の赤白ワイン「フェウド マッカリ」

蒲郡の酒屋まん天やの日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

8月15日、蒲郡は最高気温37度以上を記録する猛暑日となりました💦

私も午後少しお店を抜けて、お盆の送り火を焚きに外出しましたが、
照りつける焼けるような日光と、顔に吹き付ける熱風に、命の危険を感じた程です。。

愛知県では現在新型コロナで県独自の「緊急事態宣言」が出ておりますが、
ここ最近は毎日「熱中症警戒アラート」も発令されております。
ご高齢の方や体調の悪い方は、夜になるまで屋外で活動されない方が良いかもしれません。

そんな猛暑となった本日、
これまた真夏には気温が40度にもなるというイタリアのシチリア島で造られる、
近年高評価を得ている「フェウド マッカリ」の赤白ワインのご紹介です!

●(写真左)「フェウド マッカリ ネーレ」750ml

【生産地】 イタリア(シチリア島)
【葡萄品種】ネーロダヴォラ100%
【タイプ】赤・辛口・渋み柔程よい  【アルコール度数】13.5%
【概要】シチリアを代表する固有品種「ネーロダヴォラ」100%使用。凝縮感のある果実味とミネラルが溶け合う赤ワイン。
【価格(税別)】1,900円

●(写真左)「フェウド マッカリ オッリ」750ml

【生産地】イタリア(シチリア島)
【葡萄品種】グリッロ100%
【タイプ】白・辛口・酸味しっかり  【アルコール度数】13%
【概要】シチリア島の名物品種「グリッロ」を100%使用。程よく厚みを感じさせながらもミネラル感がある柑橘系白ワイン。
【価格(税別)】1,900円

 

真夏の日中は40度にも上る、今の日本のような猛烈な暑さですが、夜間は15~20度位と気温の差が大きく、
年間を通じて潮風が吹くシチリア南東部の海沿い(ノート地区)の「フェウド マッカリ」のセカンド的な赤白ワインです。

『ベストイタリアンアワードTOP50」でシチリアで唯一ランクインするなど、
イタリア国内で評価の高いワインを毎年送り出しているワイナリーですが、
今回ご紹介する赤・白どちらのワインも国際的なコンクールで高評価を獲得しております。

実際に飲んでみますと、赤「ネーレ」も白「オッリ」もどちらも濃厚かつ肉厚なイメージで、
飲みごたえ十分な味わいです。
赤の「ネーレ」は凝縮感のある果実味と程よくタンニンもあって非常にバランスが良く、
白の「オッリ」は洋ナシ、アーモンド系のやわらかい芳醇な香りと柑橘系のしっかりした酸味で、
魚介料理、特にムニエルなど火を使った料理と相性が良いと感じました。

そして赤、白、どちらにもミネラルが共通して感じられるのは、
やはりシチリア島の海からの潮風が影響しているのでしょうか。

口に含んでみると、なんとなく南国のバカンスをイメージしてしまうような、
「フェウド マッカリ」の赤白ワインです!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.