<2019年新着ワイン④>甘酸っぱい青春の味。ドイツの白「ゼルバッハ ニアシュタイナー シュピーゲルベルグ カビネット」

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

今から20年ほど前、私が大阪の酒類流通の会社に就職したばかりだった頃、
仕事上アルコール飲料全般(特に洋酒)を知る必要があったため、
「勉強」と称して色んな種類のお酒を飲み始めました。

大学時代はチューハイやソーダ割りカクテルなど、
飲みやすい低アルコール飲料くらいしか飲む習慣がなかった私にとって、
当時は日本酒やワインは未知の世界。美味いと調子に乗って飲み過ぎて悪酔いして、
翌朝(自業自得ですが)痛い目に遭った事も多々ありました。。

そんな痛い経験の積み重ねが、私の20代前半の青春の1ページだったりするわけですが、
痛い思いだけでは無く、中には素晴らしいお酒と出会ったページもありました。

今でも印象に残っているのが、私がワインアドバイザーの資格を取るほどに、
ワインにのめり込むきっかけとなった、ドイツのこの白ワインでした。

「ゼルバッハ ニアシュタイナー シュピーゲルベルグ カビネット2013」750ml (スクリューキャップ)

【生産地】ドイツ(ラインヘッセン)
【クラス】カビネット
【葡萄品種】リースリング・シルヴァーナ・ミュラートゥルガウ・ケルナー
【タイプ】白・やや甘口  【アルコール度数】9%
【概要】花のような甘い香り、甘味と酸味のバランスが良く、果実風味の豊かなやさしい味わいのワイン。
【価格】1,800円(税別)

 

私が新入社員の時、「このワインなら度数も低くて飲みやすく、甘酸っぱくて美味しいよ」と、
先輩社員の方に勧めていただいた、ドイツ ゼルバッハの甘口白ワインです。

その言葉通り、白い花のようなシトラス系の爽やかな香りが心地良く、
口に含んでみるとキリッとした酸味の後から穏やかな甘さがやって来て、酸味と美味く合わさって、
余韻も短めにスイッと喉元を過ぎていく感じで非常に飲みやすく、
当時の私がワインを飲んで初めて「美味しい!」と感じたワインでもあります。

私の「平成ワイン歴」にとって原点のようなこのワインが、
今年2019年の5月に「令和歴」が始まるタイミングで入荷してまいりました!

これを久しぶりに飲んでみると、当時の頃飲んだ時の味と比べて甘味よりも若干酸味が強く、
より爽やかに感じました。(当時とヴィンテージも変わっているので当然ですが)
しかし開栓してから冷蔵庫で2日程置いてから飲んでみると、
「味乗り」した事で見事に甘味の花が開き、当時飲んだ頃の味わいを彷彿させる甘酸っぱさがやって来て、
それと同時に入社した頃の色々な思い出が蘇ってきました。

本当に、あの頃は世間知らずで怖いもの知らずで若かったなぁ~。
そこから約20年、怖いものを沢山経験した分、今では当時より幾分人間的に成長出来ているかな、と感じますが、
もし今から20年後の私が今の私を見ると、おそらく「まだまだ未熟だな~」と感じるんだろうと思います(笑)。

そんな私の青春の1ページを爽やかに彩ったこの甘酸っぱいドイツの白ワイン
「ゼルバッハ ニアシュタイナー シュピーゲルベルグ カビネット」、
これから暑くなっていく季節に冷やして飲むと最高に美味いですよ!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.