<夏の新着イタリアワインその④>歴史に裏打ちされた正統派赤ワイン「マルケージ インチーザ サンテミリアーノ」

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越し頂きありがとうございます。
木村です。

8月も残すところあと5日となりましたが、ここに来て暑い日が続いておりますね💦。
先日、少し遅いお盆休みという事でラグーナ蒲郡のプールに行ってきましたが、
この暑さの中、もの凄い多くの人で溢れかえっておりました。

夏休みもあと少しで終わりだからでしょうか、子ども達の姿も多かったです。

 

それでも日が暮れてくると、この猛暑は少し鳴りを潜め、
ヒグラシの鳴き声と共に、ほのかに涼しい風が吹いてくると、
秋の足音が少しずつ近づいているのかなぁと感じます。
暦上では「処暑」も過ぎ、季節の移ろいに少しばかりの物悲しさを覚える夏の夕暮れです。

「夏の新着イタリアワイン」の紹介も本日が最終回。
今回は歴史あるワイナリーが造る正統派の赤ワインのご紹介です。


「マルケージ インチーザ サンテミリアーノ2011」750ml
・生産地:イタリア・ピエモンテ州
・クラス:DOCGバルベーラ ダスティ スペリオーレ
・葡萄品種:バルベーラ
・タイプ:赤・辛口、香りが複雑で上品・やわらかな酸味が食事に合う。
・価格:3,000円(税別)

 

11世紀からの古い歴史を持つインチーザファミリーが、
ピエモンテの代表品種バルベーラを100%使用して造り上げた、
「由緒ある正統派イタリアワイン」です。

香りは、プラム系スパイス系の中に、18ヶ月以上の樽熟成で生まれたバニラ香が複雑に絡み合い、
上品でしなやかな印象が際立っております。

味わいは、最初に渋味がしっかり感じられ、その次にやわらかなコクと酸味がやってきます。
それも決してしつこくなく、キレが非常に良い印象を受けました。

酸味とキレが良いので、食事にも合わせやすく、特に肉料理との相性は抜群です。
個人的には「豚の生姜焼き」のような、和のテイストの肉料理にも合うと思いました!

タンニンが強い「ゴツい系」赤ワインではなく、
やわらかな酸味が売りの「しなやか系」赤ワインだからこそ、
料理の邪魔をせず食中酒として生きてくるんですね☆
皆さんにもぜひ食事と共に楽しんでいただきたいワインです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上、数回にわたって夏の新着イタリアワインを4つ紹介させていただきました。
また来月には秋の新着ワインも入ってきます。こちらもブログで紹介させていただきますので、
ぜひご期待ください!

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.