山吹色に色付いた深みある白ワイン「マンズ 甲州 醸し 2016」

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

本日は昼から夜まで花火の音がドンドンと鳴り響いている蒲郡です。

10月の蒲郡は、各地で毎週お祭りやイベントが盛りだくさんの月です。
10/7~8は大宮神社、水竹神社、竹谷神社、稲村神社…と
多くの神社で祭礼が行われており、とても賑やかです。

大宮神社の祭礼にて

 

私が所属している竹島神社の祭礼も10月21、22日に行われます。
私も厄年会として参加し、東三河名物の手筒花火も打ち上げます🎆。
人生初の経験なので今から楽しみにしてます。

本日のブログは昨日入荷したばかりの日本ワインのご紹介です。


「マンズ 甲州 醸し 2016」720ml
・生産地:日本
・葡萄品種:山梨県産甲州100%
・タイプ:白・やや辛口、やわらかな酸味と渋味、コクのある味わい
・価格:1,500円(税別)

 

「甲州」は、昔から日本固有の品種として最も多く栽培されている醸造用白ブドウです。
多くの日本ワイナリーがこのブドウを使ってワインを醸造しており、
穏やかな酸味と軽やかですっきりした味わいが特徴で、和食に合うワインとして有名です。

今回ご紹介する「甲州醸し」は、醸造段階でブドウの果皮と一緒に「醸し発酵」をさせる事で、
通常の甲州ワインよりも果皮由来のうまみ、渋味が更に加わり、
深みやコクのある味わいに仕上がっております。

ワインの色合いも、
甲州ブドウの特徴である紫色(白ワイン用なのに!)がかかった山吹色をしており、
果皮の成分が良く出ている事を物語っております。

甲州ブドウ(出典:マンズワインホームページ)

 

私が実際にこのワインを飲んで実感した事ですが、
「和食だけでなく、どんな料理にも合うなあ…」と感心しました。
白ワインですが、赤ワインのようなタンニン(渋味)も合わせ持っており、
魚、肉料理にもお味噌料理、広いジャンルに対応出来るワインと感じます。

適温は8~10℃くらいに冷やすとベスト。
ぜひ秋の味覚と一緒に味わっていただきたいワインです。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.