まるでグレープジュース!果実味いっぱいの極甘口ワイン「マンズ 長野コンコード極甘口」

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

先週の金曜日から今日まで5日連続、雨が降り続いている蒲郡です☂。
ずっと日本列島上に停滞している秋雨前線が原因のようですが、

更に昨日、日本の南の海上に台風21号も発生して、少しずつですが北に進んできており、
天気予報によると今週末~来週前半あたりに日本に接近する可能性があるみたいです🌀。

先日のブログでも書きましたが、
今週末は、お祭りやセーリングW杯決勝など各地でイベントが盛りだくさんの蒲郡です。
お祭り仲間とは「ここから晴れ男パワーを送って当日蒲郡には雨は降らせん!」と、
根拠のない事を言い合ってテンションを無理やり上げていますが、
何とか今週末だけでも秋雨前線と台風には大人しくしていてもらいたいものです。

さて、今回のブログは有名なグレープジュースの原料にもなったブドウで造られた
“極甘口”日本ワインのご紹介です。


「マンズ 長野コンコード極甘口」720ml
・生産地:日本
・葡萄品種:長野県産コンコード種100%
・タイプ:赤・極甘口、程良く軽い渋味と酸味あって飽きない。
・アルコール度数:10%

・価格:1,000円(税別)

 

「コンコード」という品種は、元々はアメリカで生まれたブドウで、
主にジャムの原料や食用として栽培されていましたが、
独特の甘酸っぱい香りと果実味を活かして、甘口ワインの醸造に使用されるようになりました。
日本では、生産量のほとんどが長野県で栽培されております。

100年以上前、アメリカのウェルチ博士がコンコードを使ってグレープジュースを開発しましたが、
この「ウェルチグレープ」は現代でも日本でもよく見かけるジュースです。
飲まれた事ある方多いと思いますが、濃厚な果実感があって美味しいですよね。
コンコードと言えば、ワインよりもジュースの方が、私達日本人に馴染み深いかもしれませんね。

2つのコンコードをブレンドしたウェルチ・グレープジュース(出典:アサヒ飲料ホームページ)

 

今回ご紹介するこの「長野コンコード」も、ウェルチ・グレープに負けず劣らず、
コンコード特有の甘酸っぱい果実味がいっぱい味わえる極甘口ワインに仕上がっております。

実際に冷やして飲んでみますと、ただ甘いだけではなく、酸味や渋味もほのかに感じられるため、
飲み飽きせずにスイスイと飲めてしまう印象を受けました。

ウェルチに限らず、フルーツジュースがお好きな方にはぜひ試していただきたいワインです。
豊潤でフレッシュな果実感をお召し上がりください!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.