<秋の新着ワインその①>パーカーポイント92点の注目の赤ワイン「シャトー ペスキエ テラス ルージュ 2015」

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

8月末に参加したワイン試飲会で私が選んできたワインが、
実は既に当店に入荷してきており、
早くも入荷から一週間以上経ってしまいました。。。

「入荷したら直ぐにこのブログで紹介させていただきます!」と書いておきながら、
なかなか紹介出来ず申し訳ございませんでした<m(__)m>。

遅くなりましたが本日より順次、秋の新着ワインのご紹介をさせていただきます!
まずはフランスはコート・デュ・ローヌ南部地方のリーズナブルかつ評価の高い赤ワインです。


「シャトー ペスキエ テラス ルージュ 2015 (サクラ🌸ラベル仕様)」750ml
・生産地:フランス・コート デュ ローヌ
・クラス:ACヴァントゥ
・葡萄品種:グルナッシュ60%・シラー40%
・タイプ:赤・やや辛口、渋味コク程良く、華やかな香り。
・価格:1,900円(税別)

 

ワイン界の権威であるロバート・パーカー氏が、
ワイン情報誌「ワイン・アドヴォケイト228号」でパーカーポイント92点というハイスコアをつけた、
現在注目を浴びている赤ワインです。

出典:RHONE GANG.COM

 

 

パーカー氏の評価を要約しますと、

「ミディアムからフルボディで、角の無いシルキーな舌触り。
完熟したブラックラズベリー、スパイスを感じるクラシックな南ローヌらしい香り。
ケース買いして5-6年かけて楽しむべき!」

私がこちらのワインを飲んだ時は、
まだ製造から1~2年経っただけで「早飲み」の段階でしたが、
香りが華やかで、味わいは重過ぎず軽過ぎず、万人受けするワインという印象。
2,000円以下でこの優雅な味わいは、非常にコストパフォーマンスが高いと感じました。

そしてパーカー氏の言葉の通り、このワインは長期熟成にも耐え得る事が出来ます。
5~6年と熟成させる事で、より味わい深く成長する可能性を秘めたワインでもあるのです。

このワインが、このたび日本限定の「サクララベル」で限定入荷しました。
買ってすぐ飲んでも、しばらく冷暗所に熟成させてから飲んでも、それぞれ違った味わいを楽しむ事が出来ます。

めでたい満開の桜の花をあしらったラベルですので、プレゼントにもおススメですよ!

和テイストの桜のエチケット。これはもう「和イン」と呼ぶべき?

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.