春の新着ワインその② フランスボルドー仲良し兄妹の白ワイン「シャトーラグランジュ ソーヴィニヨンブラン 2014」

こんにちは。本日3月3日はひな祭りの日という事で…、

お店のおひな様もひなあられをもらって嬉しそうにしております☺

ひな祭りに飲むお酒と言えば「白酒(しろざけ)」なのですが、
残念な事に現在まん天やには白酒は置いておりません。。。
という訳で今回は白酒の代わりに(かなり強引ですが)、
最近入荷したばかりのフランスの白ワインのご紹介をさせていただきます。

「シャトーラグランジュ ソーヴィニヨンブラン 2014」
 imported by IIDA WINE
・醸造元:シャトーラグランジュ アントル・ドゥ・メール
・クラス:ACボルドー

・葡萄品種:ソービニヨンブラン100%   ・価格:2,900円(税抜)

このワインを造っているシャトーラグランジュは家族経営。
現在ラコスト家の2代目オリヴィエ氏とその妹さんを中心に、
丁寧なワイン造りを行っております。

剪定作業も家族総出で丁寧に行い、廃水処理に気を遣ったり、
農薬の不使用といった徹底した自然環境保護に取り組んでおり、
オーガニック認証も取得した管理の行き届いたきれいな醸造所です。

このワインも「スキンコンタクト」という方法で造っており、
原料となるブドウを破砕した後、圧搾する前に果汁と一緒に置いておく事で、
葡萄品種の特長を強く引き出す工夫が光ります。
その後空気圧式プレス機で柔らかく圧搾し、10ヶ月熟成させる事で、
まろやかでコクのあるこの白ワインが出来上がりました。

私見ですが、温度帯が5~10℃と冷やして飲む場合は、
品種の特性(爽やかな酸味)が表に出て、15~20℃くらいの常温であれば、
造りの特性(まろやかな熟成感)が出てきます。

和食全般に良く合う白ワインです。勿論ちらし寿司にもおススメですよ!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.