紅葉の季節にぴったりの旨安ワイン「レッドツリー」

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

秋は落葉樹が葉を落とし始める季節。
当店の店先にもアオギリという落葉樹が街路樹として植えられているのですが、
先日の台風がきっかけになったのでしょうか、
アオギリの傘のような葉っぱが周りから少しばかり黄色に色付き始めてきたようです。
黄色に色の変わった落ち葉を掃除する事も増えてきました。

全国の紅葉情報を調べてみると、山形県の蔵王は早くも紅葉が見頃を迎えているようです。
今年2018年の夏は暑くて長く、つい最近まで30度以上だったのが嘘の様に、
日本中を紅葉に染めていく秋の涼気を感じます。

 

…さて、本日は「紅葉樹」という名前を冠した、秋にぴったりのコスパに優れたワインのご紹介です。

(写真左)
「レッドツリー ピノノワール 2015」750ml
・生産地:アメリカ・カリフォルニア州
・葡萄品種:ピノノワール100%
・タイプ:赤・やや辛口。果実味豊かな香りと樽熟のニュアンス。柔らかなタンニン。
・価格:1,600円(税別)

(写真右)
「レッドツリー シャルドネ 2016」750ml
・生産地:アメリカ・カリフォルニア州ナパヴァレー
・葡萄品種:シャルドネ100%
・タイプ:白・やや辛口。青りんごの様な爽やかな香り、果物の様なフルーティーな味わい。
・価格:1,600円(税別)

 

アメリカ、カリフォルニア州ナパヴァレーのチェケッティ社による
コストパフォーマンスに優れたワイン「レッドツリー(紅葉樹)」シリーズ
安定して高品質のワインを毎年世に送り出しているシリーズで、
近年は国際的なワインコンペティションで受賞や、
欧米の航空会社でもファーストクラスのメニューとして採用されるなど、
世界的な評価も高まってきているワインです。

実際に飲んでみましたが、
「レッドツリー ピノノワール 2015」は、ストロベリーを彷彿させる果実味豊かな香りと、
その奥にほのかに感じる樽のロースト香のニュアンスが心地良く、
ピノノワール特有の柔らかなタンニンで、スイスイと飲めます。

「レッドツリー シャルドネ 2016」は、青りんごを思わせる爽やかでフレッシュな香りと、
トロピカル果物の様なフルーティーな味わい。
冷やして飲んでみたのですが、あまりの飲みやすさに10分でボトルの半分を一人で開けてしまいました!
自分が売る立場である事をうっかり忘れてしまう程の親しみやすく、楽しめるワインです。

どちらも日本人の味覚や、和食との相性が非常に良さそうだと感じました。

お鍋や魚の焼き物など、秋の味覚と一緒に気軽に楽しめる旨安ワイン。
ぜひ秋の行楽や宴席のお供にいかがでしょうか。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.