2020年のボージョレ・ヌーヴォーは…?

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

2020年の8月も後半になりました。
例年この時期は秋~冬の季節限定品の販売やイベントに向けての準備に追われておりますが、
今年は新型コロナウィルスによる影響で、年末まで店外イベントの予定が全く立たないため、
どういった予定を立てていこうか、色々と模索している最中です。

そんな中、先日お客様から今年のボージョレ・ヌーヴォーについてのお問い合わせを受けました。

世界的な新型コロナウィルスの感染拡大により、葡萄の栽培や航空便を利用した流通に影響が出て、
今年のボージョレ・ヌーヴォーは例年とは違う状況になっていないか、
ワイン好きのお客様にとっては気になるところです。
そこで本日は今年2020年のボージョレ・ヌーヴォーの動向についてご案内させていただきます。

 

当店とお取引いただいているワインのインポーター様より確認をとりましたところ、
今年2020年のボージョレ・ヌーヴォーの解禁日は11月19日(木)で、
例年と同様、11月の第三木曜日に解禁される事が決定しております!

当店でも例年通り、2020年のボージョレ・ヌーヴォーの樽からの量り売りを実施する予定です!

しかし、やはり少なからずコロナウイルスの影響が出ているようで、
航空便の運行本数が減っている事からヌーヴォーを輸送する便の確保が難しいため、
物流コストが例年以上にかかり、それを反映し値上げになっている場合が多いようです。

また、輸送出来る航空便が限られているため、例年通りの生産→出荷計画だと、
解禁日に間に合わなくなる可能性が高いため、葡萄の収穫から全体的に2週間ほど前倒しの計画で
ヌーヴォーの生産、出荷を進めている生産者が多いようです。

幸いなことに、今年は穏やかな冬と温かい春によってブドウの芽吹きが早く、
夏からの日照量も十分で果実の色づきも早いようで、フランス各地で早期の収穫が見込まれていたため、
計画が前倒しになる事でヌーヴォーの品質に影響を与える事は無いとの事でした。

そして今年2020年は、直近の3つの傑出したヴィンテージ(2009, 2010, 2011)、
特に2011年にかなり近い、素晴らしい早熟な(早飲みに適した)ヴィンテージと予想されております。

(昨年2019年の当店でのボージョレ・ヌーヴォーの樽からの量り売りの様子)

 

ぜひ今年2020年のボージョレ・ヌーヴォーもご期待ください!
当店でも9月初旬に、ボージョレ・ヌーヴォーの樽からの量り売りのご予約開始について
正式なご案内をさせていただきます。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.