愛知田原産の芋焼酎「亀若シリーズ」に「亀若花(かめわかはな)」が新登場!

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

本日2月9日はこの冬一番の寒気が日本列島に掛かってきているせいか、
今にも雪が降りそうな、寒々しい暗い曇り空が続いている蒲郡です。

明日2月10日(日)は蒲郡で「三河湾健康マラソン」があります。
毎年私参加しておりますが、35回目の記念大会の今回、小学生以下は参加無料という事で、
妻も長男も一緒に走る事になりました。
この寒波で、今晩大雪が降り積もってマラソンが中止なんて事にならないよう、
何とかお天気がもってほしいものです。

 

…さて、本日は以前ブログでも紹介しました愛知県田原産の芋焼酎「亀若(かめわか)」について。
田原産の芋を使用したこの焼酎は販売から5年が経過し、
今や田原市のふるさと納税の返礼品になる等、ご当地名産品としての地位を確立しました。

そんな「亀若」に新しい仲間が加わりました!本日ご案内させていただきます。

亀若倶楽部 芋焼酎 「亀若花(かめわかはな)」 20度 720ml

・企画&原料芋栽培:亀若倶楽部 ・酒造:相生ユニビオ株式会社
・原料:甘藷(田原産「紅はるか」)・米こうじ(田原産コシヒカリ)
・減圧蒸留

・アルコール度数:20%
・概要:有機農法で育てた田原産の「紅はるか」と「コシヒカリ」を使用したご当地焼酎。
・価格(税別):1,250円

 

南は太平洋、北に三河湾、西は伊勢湾と三方海に囲まれた田原蔵王山麓の高台の畑で、
有機農法で育てられた芋「紅はるか」「コシヒカリ」を原料に使用し、
矢作川水系の美味しい水で仕込んだ新しい亀若焼酎、その名も「亀若花(かめわかはな)」です。

ラベル、化粧箱も華やかなデザインになっておりますが、デザインイメージと同様、
通常の「亀若」と飲み比べると、香りが甘く華やかで、飲み口がスッキリと軽快になっており、
更に飲みやすい印象になっております。

アルコール度数も20度と低めなので、体にも負担が少なく嬉しいですね。
焼酎好きな人には水割りではなく、ストレートかロックが一番美味いおススメの飲み方だと思いました。

もともとこの「亀若花」は女性に好まれる味わいをテーマに開発されたそうです。
田原市のある渥美半島は花の生産高が日本一で「花の王国」と呼ばれており、
それにちなんで「亀若花」と命名されました。

ラベルデザインも花柄で可愛いので、花束をプレゼントするように、
バレンタインデーやホワイトデーに「亀若花」をプレゼントされてみてはいかがでしょうか。

「亀若花」は「亀若」と合わせて当店で好評販売中です。
オンラインショップでもご購入いただけます。
花のように香る「亀若花」。これからもよろしくお願い致しますm(__)m。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.