限定品の芋焼酎「茜霧島」2019年夏分が入荷!玄人向けの限定品「虎斑(とらふ)霧島」も在庫ございます。

いつも蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

2019年の6月もそろそろ後半戦です。早いもので2019年も半年が経とうとしております。
年初には「まだまだ先だろう」と思っていた改元も、令和になってもう一ヵ月以上が過ぎ、
「全然先だろう。もしかしたら無いかも?」と思っていた消費税の増税、軽減税率の導入も、
いつの間にか眼の前に迫って来ています。

今月末には当店のレジも軽減税率に対応出来るように改修をしてもらう予定です。
レジ打ちの操作手順も変わるのだろうか?ついていけるか今から心配です(-_-;)。

 

…さて、半年経過と言えば年に2回のみ出荷のため、当店では品薄でご迷惑をお掛けしておりました
霧島酒造の「茜霧島」(2019年夏分)が、昨日当店に入荷してまいりました!

芋焼酎「茜霧島(あかねきりしま)900ml」

【製造元】霧島酒造/宮崎県都城市
【原材料】さつま芋(タマアカネ)・米こうじ(黒こうじ)
【蒸留】常圧蒸留
【アルコール度数】25度
【価格(税別)】1,175円
*年に二回だけの限定出荷商品。2019年夏分入荷しました。

 

香り系の芋焼酎で人気の「茜霧島」は、色鮮やかなオレンジ芋「タマアカネ」が原料。
そこに霧島独自の「芋の花酵母」で、はなやかな香りとフルーティで軽快な味わい。

芋焼酎といっても「芋臭さ」が感じられない、芋焼酎ビギナーの方でも非常に飲みやすい芋焼酎です。

おススメの飲み方は「ソーダ割り」!暑い季節にピッタリの爽やかな味わいです。

もしフルーティな味わいより、まろやかで芋本来の自然な香りや旨みをじっくり味わいたい方には、
こちらも2019年の春に本州先行で限定発売された「虎斑(とらふ)霧島」がおススメですよ!

芋焼酎「虎斑霧島(とらふきりしま)900ml」

【製造元】霧島酒造/宮崎県都城市
【原材料】さつま芋(黄金千貫)・米こうじ(黄こうじ・黒こうじの掛け合わせ)
【蒸留】常圧蒸留
【アルコール度数】25度
【価格(税別)】1,175円
*2019年春に本州先行で数量限定発売。

 

この「虎斑(とらふ)霧島」は、日本酒の醸造に用いられる「黄麹」と、「黒麹」を使用した本格芋焼酎。
ナチュラルな苦みに、ふわっと広がる華やかな香りと甘みが特徴です。

私も飲んでみましたが、赤霧島や茜霧島で感じたような華やかさや派手さはあまり感じませんでした。
芋の香りがストレートに伝わってくる純粋に美味い本格派の芋焼酎かな…と思いきや!

「黄麹」の働きでしょうか、黒麹だけで仕込んだ芋焼酎には無い、
日本酒や蕎麦や山椒に感じる苦味のような、素朴な和の風味を感じ、とても味わい深い焼酎に仕上がっております。
こちらは水割りがおススメです。

この「茜霧島」「虎斑霧島」は、どちらもまだ量産体制が整っておらず、年に二回しか出荷されない限定焼酎です。
お求めの際にはご注意くださいませ。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.