米焼酎造りの本流を突き詰めた正統派の球磨焼酎!「肥後 時習館」

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

いよいよ2021年7月23日の東京オリンピック2020の開催まで残り10日を切った本日、
熊本県の高橋酒造様の正統派米焼酎「肥後 時習館」をご紹介します!

高橋酒造 米焼酎「肥後 時習館」900ml

【原料】米(国産)・米こうじ(国産米)
【製法】減圧蒸留
【アルコール度数】25%
【概要】本格米焼酎原酒に全麹仕込みの米焼酎を黄金比率でブレンド。しっかり落ち着いた味わいの米焼酎。
【価格(税込み)】1,298円

 

この焼酎の名にもなった熊本の藩校「時習館」の出身者は、日本の近代化に大きな役割を果たしました。
「真の改革(維新)とは、過去や現実を全て否定するのではなく、
これまで進んできた本流を深めた先に見えてくる」という時習館の志にならい、
焼酎造りの本流を突き詰め、本格米焼酎原酒に全麹仕込みの米焼酎を黄金比率でブレンド。
香りは穏やかでしっかりとした飲みごたえのある味わいの米焼酎「時習館」が誕生しました。

 

穏やかな香りと深い味わいなので、ロックや水割り、お湯割りがおススメです。

実は蒲郡市のお隣りの豊橋市にも時習館という高校があり、
東京オリンピックに女子マラソン代表として出場する鈴木亜由子選手の出身校でもあります。

新型コロナウィルスの影響で多くの会場が無観客での実施になったり、
各国の選手が出場辞退を表明するニュースも連日報じられるなど、
今回のオリンピック・パラリンピックに関する賛否両論は尽きませんが…、
同窓の鈴木選手が日の丸を背負い北海道で走る事をまん天やは応援しております!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.