雪が舞う立春…山﨑醸(やまざきかもし)から2つの生原酒「 春の蔵出し&春かすみ」販売開始!

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

本日2021年2月3日は、暦の上では春の始まりでもある「立春」なんですが…、

(午前10時時点のまん天や前の市役所通りの様子)

 

今日の蒲郡は、朝から雪が舞う真冬のような寒い日になっております。

昨晩、愛知県の緊急事態宣言も延長される事が決まりました。
宣言による自粛生活も冬の寒さもまだ続きますが、
「山﨑醸(やまざきかもし)」の春酒シリーズを飲んで、
少しずつ近づいてくる春を感じてみませんか?

というわけで本日は、西幡豆の地酒「山崎醸(やまざきかもし)」より、
2つの春季限定酒が立春に解禁となりましたのでご案内させていただきます!

(写真左)
●山崎醸「春の蔵出し」純米吟醸生原酒

【原料米】奥三河で契約栽培した「夢山水」100%
【精米歩合】55%
【アルコール度数】16%
【日本酒度】+2 【酸度】1.8 【アミノ酸度】1.1
【概要】さわやかな香りと喉ごしが心地良い、やや辛口の純米吟醸生原酒。
【価格(税別)】1,450円(720ml) 2,940円(1800ml)

(写真右)
●山崎醸「春かすみ」純米吟醸生原酒

【原料米】奥三河で契約栽培した「夢山水」100%
【精米歩合】55%
【アルコール度数】16%
【日本酒度】+2 【酸度】1.8 【アミノ酸度】1.1
【概要】「うすにごり微発泡」版。さわやかな香りとプチプチした舌ざわりでスッキリした味わい。
【価格(税別)】1,450円(720ml) 2,940円(1800ml)

*どちらも本日2月3日販売開始しました!

 

愛知県西尾市西幡豆の「山﨑醸(やまざきかもし)」は、
愛知県産のお米と三ヶ根山麓の伏流水で手造りされた特約店限定流通酒です。
季節ごとに限定酒を蔵出ししますが、山﨑醸の「春シリーズ」として、
この2つの生原酒が本日解禁となりました。

奥三河で契約栽培した高品質の酒米「夢山水」を全量使用。
スパイシーで飲みごたえのある山﨑醸の特長はそのままに、
どちらもさわやかな香りと喉ごしが心地良い生原酒です。
特に「春かすみ」はこの時期だけのうすにごり微発泡タイプで、
プチプチした舌ざわりが爽快です!

どちらも限定本数生産のお酒ですのでお求めの際はお早めにどうぞ!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.