「和醸良酒」の精神が込められた「ふたつの和」純米吟醸。

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

「蓬莱泉」のお酒には全て、王冠キャップに「和醸良酒」の文字が刻まれております。

この「和醸良酒(わじょうりょうしゅ)」という言葉は、

「和は良酒を醸す」…「良いお酒は、酒造りに携わる人全員が和の精神を大切にする事で生まれる」
という意味と、
「良酒は和を醸す」…「良いお酒は、人と人との関係を良くする」
という意味の、2通りの意味を持ちます。

お酒造りを題材にした漫画「夏子の酒」に、頻繁に出てくる言葉だそうです。

酒販店に身を置く者として、お酒との付き合いがそこそこ長い私ですが、
この言葉は常に考えさせられるテーマの一つです。

「和醸良酒」、この言葉で使われている「良酒」とは一体何か?

世間でプレミアと呼ばれているお酒の事を言うのか?
お酒を飲む量、環境、タイミング、一緒に飲む相手にも関係してくるか?
あと、料理との相性だったり飲む温度帯もあるよな、等など…。
考え始めると「良酒」を一言で定義する事は難しく、
それぞれの人や場面に合った「良酒」があるという事にいつも落ち着きます。

しかし、どんな人でも「良酒」に出会うために絶対に必要な条件は、

「健康である事」

当たり前の事ですが、これが第一だと考えております。
健康でなければ、どんなお酒を飲んでも美味くなく、逆に心身を悪くしてしまいます。
健康であって、はじめてお酒を「良いもの」として迎え入れる事が出来るものだと思います。

日頃、適度な運動や休肝日を設けるなどの体調管理であったり、
お酒を嗜む際には、決して無理をせずに楽しむ。
酒販店の身として、私自身今後も心掛けていきたいと思います。

今回のブログは、この「和醸良酒」を名前の由来にしているお酒のご紹介です。


左:「蓬莱泉 和 純米吟醸 720ml」
右:「蓬莱泉 和 純米吟醸 熟成生酒 720ml」
・アルコール度数:(どちらも)15%
・価格(税別):(どちらも)1,600円

純米吟醸「和(わ)」は、
優しい甘味とキレのある酸味がバランス良く調和しており、
昔から日本酒ファンの支持が高く、冷やでもぬる燗でも、和食を中心にどんな料理にも合います。

純米吟醸生酒「和(わ) 熟成生酒」は、
「和」を火入れせず、生のまま一年間タンクで氷温熟成させ、
果実のような甘さとまろやかさに磨きがかかっております。
冷やすと飲みやすくなり、女性の方にもお勧め。
年に3回(2月・6月・10月)しか出荷しない、特約店のみ販売できる限定商品です。

「和醸良酒」の精神が込められた「ふたつの和」です。
「良酒は和を醸す」…「良いお酒は、人と人との関係を良くする」
ご家族、お友達など、大切な人へ感謝の気持ちを込めた贈り物にも最適です。

父の日も近いですので、お父さんにプレゼントして、一緒に飲み比べて楽しむのも良いかもしれませんね。

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.