東三河のご当地酒 伊勢屋商店「酛々(もともと)純米大吟醸 無ろ過生原酒」入荷!

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

先日の2月17日(日)は、愛知豊橋市の酒蔵「伊勢屋商店」様の蔵開きでした。

 

残念ながら今回私は、別件の用事のため参加する事が出来ませんでした…。
上の写真は昨年2月の伊勢屋商店様の蔵開きの様子ですが、
後日蔵元さんに蔵開きの様子聞いてみると、
昨年同様、今年の蔵開きも良いお天気に恵まれて大盛況だったそうです。

気温も3月並みに上昇したそうです。暖かい屋外で飲むお酒はとても美味かった事と思います。
来年こそはぜひまた参加したいです!

その蔵開きの日に初めて来場客に振る舞われました、
しぼりたての「酛々(もともと) 純米大吟醸 無ろ過生原酒」が、
当店でも本日2月19日から発売開始となりましたので、ご案内させていただきます。

「伊勢屋商店 酛々(もともと)純米大吟醸 無ろ過生原酒」720ml
・原料米:夢吟香(精米歩合50%)
・アルコール度数:16%
・価格(税別):1,800円
*2019年2月19日当店販売開始!

 

伊勢屋商店の「酛々(もともと)純米大吟醸」は、
東三河の酒屋によって造られる日本酒。豊橋の酒蔵 伊勢屋商店様の協力のもと、
地元の酒屋が「田植え」・「稲刈り」・「酒造り」に参加して生まれたご当地ブランド。
その「無ろ過生原酒版(30BY)」が当店に入荷してまいりました。

 

(2018年6月豊橋で実施された酛々(もともと) の原料米「夢吟香」の田植え体験の様子)

原料米である愛知県豊橋産の酒造好適米「夢吟香」を50%精米した純米大吟醸。

この「酛々(もともと) 純米大吟醸」は、季節に応じた飲み頃のタイプで限定出荷されます。
今回入荷したのは、蔵開きの時にお客様に振舞われたものと同様の、
純米大吟醸の原酒をろ過せずにそのまま瓶詰めした「無ろ過生原酒」版です。
蔵元でしか飲めないしぼりたてのフレッシュな風味が味わえますよ!

そしてもう一つ、当店の冷蔵庫で昨年18年2月から一年間氷温熟成させた、
「一年熟成版」の酛々(もともと) 無ろ過生原酒も本日より販売致します。
(新聞紙に包まれている方が一年熟成版です。)

スタッフで試飲しましたが、熟成によってフレッシュな荒々しさは無くなっていますが、
まろやか&濃醇になって、非常にバランスのとれた飲み応えのある味わいに成長しておりました!
一年熟成モノは3本のみの販売となりますので、お求めの際はお早めにどうぞ。

「しぼりたて版」「一年熟成版」どちらの酛々(もともと) 無ろ過生原酒がお口に合うか、
蔵開きでしぼりたて版を飲まれた方は熟成版と飲み比べて、ぜひ違いを感じてみて下さい。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.