伊勢屋商店「酛々(もともと) 純米大吟醸 生貯蔵酒」入荷しました!

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

本格的に暑くなってきました…(汗)。
当店ではお酒を定温管理しているため、お店の中は常時20度前後と快適ですが、
お店の外は30度に迫る暑さです💦。

5月まではあまり気にならなかったのですが、外気と10度近く温度差が出てくると、
外からお店に入った時にヒンヤリとした涼しさを感じます。
クールビズや節電が叫ばれている昨今、時流に逆行している感があるのも否めませんが、
まん天やの店内ではお酒と人が共存出来る環境(気温)を常に考慮しながら、
ギリギリの空調調整をしていかなければいけない、難しいシーズンに突入しました。

皆様におかれましても、まだ昼夜の寒暖差がありますので、
体調を崩されない様お気をつけくださいm(__)m。

 

…さて、昨日のブログでもお伝えしておりましたが、
伊勢屋商店「酛々(もともと) 純米大吟醸 生貯蔵酒」が本日入荷してまいりました。

「伊勢屋商店 酛々(もともと) 純米大吟醸 生貯蔵酒」720ml
・原料米:豊橋産「夢吟香」(精米歩合50%)
・アルコール度数:16%
・価格(税別):1,800円

*オンラインショップでのお買い求めはコチラ

 

愛知県小売酒販青年連合会による「酒屋が米から造る日本酒プロジェクト」で、
豊橋の酒蔵 伊勢屋商店様の協力のもと、
地元の酒屋が「田植え」・「稲刈り」・「酒造り」に参加して生まれた限定酒です。
香りが高く、ふくよかな米の旨味がしっかりと伝わってくるご当地純米大吟醸となっております。

2月に「無ろ過生原酒版」がリリースされましたが、今回は「生貯蔵酒」版です。
飲んでみると、ろ過をして一度火入れを行っているせいか、味わいがキリッと引き締まった印象ですが、
今年の生貯蔵酒は加水をしていないため、フルーティ感もかなり伝わってきます。

昨年の生貯と比べると、今年の生貯はやや濃厚辛口な感じで飲み応えある仕上がり、という印象です。

この時期だけの数量限定品。東三河のお土産としても好評です。
「どんなお酒だろう?」と気になるお客様は、当店で試飲も出来ますので、
ぜひ味見をして美味しさを実感してみて下さい!

*「伊勢屋商店 酛々(もともと) 純米大吟醸 生貯蔵酒」は当店のオンラインショップでもお買い求め出来ます。

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.