白麹で醸した柑橘系純米酒「越の誉 純米白麹 Circs(サークス)」

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

いよいよ夏の風物詩の一つ「夏の高校野球選手権大会」が甲子園で始まりました!
私は野球が好きで、更に地元びいきですので、
夏の高校野球は毎回愛知県大会の予選からチェックしております。

愛知県からは今年は「誉(ほまれ)高校」が甲子園に初出場!
県予選では甲子園の常連校を次々と下して県内では非常に話題になりました。
そして誉高校の林山主将は抽選会で開幕戦と開会式の選手宣誓まで引当てて、
「初出場&選手宣誓&開幕試合」と、まさに初物尽くしの甲子園となりましたが…、

残念ながら、一回戦敗退となってしまいました。
しかし初登場にして様々な体験が出来た、有意義な甲子園だったのではないでしょうか!
誉高校、お疲れ様でした。そしてありがとうございました!

…さて、今日はそんな誉高校にちなみ、同じ「誉」の字を冠する酒蔵「越の誉」が造る、
夏におススメの爽やかで甘酸っぱい日本酒をご紹介します。

「越の誉 純米白麹 Circs(サークス)」720ml

【アルコール度数】15%
【日本酒度】-6 【酸度】3.5
【原材料名】米・白こうじ(契約栽培米五百万石100%使用)
【精米歩合】65%
【概要】白麹(しろこうじ)を使用して仕込んだ、柑橘系風味の純米酒。リンゴの様な香りとスッキリした酸味。
【価格(税抜)】1,286円

 

新潟の「越の誉」より、とても個性的な味わいの純米酒が入荷してまいりました。
通常、日本酒の麹米は黄麹で仕込まれますが、この「サークス」は白麹で仕込まれております。

白麹は黄麹に比べると、糖化の力が弱いかわりにタンパク質の分解力が強く、
クエン酸を多く生成するという特徴があります。

通常の日本酒造りには酵母の栄養源となる糖を沢山つくる黄麹が使用される事が多いですが、
もし白麹を用いて日本酒をつくると、クエン酸由来の酸味が強く効いた味わいになります。

この「サークス」も実際に飲んでみると、とても爽やかな甘酸っぱい味わいで、
良い意味で日本酒らしくない、まるで白ワインのようだと感じました!
「日本酒が苦手で…」という方にもとても飲みやすいと思います。

そしてこのお酒の首掛けの解説にもあるように、
あらゆるジャンルの食事に合わせる事の出来る食中酒としてお勧めできます。
今年のように暑い夏でしたら、キリッと冷たく冷やして「単独飲み」でもいけますよ!

当店ではこちらの「サークス」現在試飲も出来ますので、
一度白麹仕込みの日本酒がどんなものか、是非一度お試しされてみてはいかがでしょうか。
(お車を運転される方は試飲は出来ません)

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.