まん天や初のオリジナル夏酒!「純米大吟醸 一(いち)爽涼」7/10(火)発売決定!

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

6月14日に開幕し、連日熱戦が繰り広げられているサッカーのワールドカップですが、
日本にとって、いよいよ佳境に入ってきましたね!

私は夜が弱く、夜更かししてテレビ観戦が出来ないため、
翌朝起きてから試合結果をニュースで確認している毎日なのですが、
これまでの日本チームの戦績は、予選リーグ1勝1引き分けと無敗。「半端なく」調子良いみたいです!

そして本日6月28日の23時、決勝トーナメント進出をかけポーランドと戦います。
日本よりもはるかに格上の相手ですが、ぜひとも勝って決勝トーナメント進出を決めて欲しいですね!

今回の試合も深夜なので、おそらくテレビ観戦出来ないと思いますので、
せめてサッカー日本代表に「お店にあるお酒でエール」を送りたいと思います。

サッカー日本代表!今日のポーランド戦に「克(かつ)」て、
予選リーグ「一(いち)」位突破目指して頑張ってくださいm(__)m!

 

そして家で試合を観戦する時に呑むお酒はぜひ当店でご準備下さいませ(笑)!
(ご参考までに「克(かつ)」は魔王を手掛けた前村杜氏による芋焼酎、
「一(いち)」はまん天やオリジナルの純米大吟醸です。)

 

…さて、先程「お店のお酒でエール」に出てきた当店オリジナル酒「一(いち)」に新展開のお知らせ!
先月、豊田市にある蓬莱泉の吟醸工房で仕込みをしてきた「一(いち)」の夏酒版の上槽(搾り)が完了し、
ついに来月の7月10日にリリースされます!

名付けて…、「一(いち) 爽涼(そうりょう)」です!

まん天やオリジナル 純米大吟醸 夏酒「一(いち)爽涼」(生酒) 720ml
・原料米:(麹米)山田錦 (掛け米)一般米
・精米歩合:50%
・アルコール度数:14.5度
・価格(税別):2,760円

*当店オリジナルブランド「一(いち)」の夏生酒バージョン。
*「爽涼(そうりょう)」は酒質を表すサブタイトルです。

*香り高く爽快なキレのある飲み口。冷やして美味い夏の純米大吟醸です。
*ラベルは青を基調としたデザインに変わります。ボトル色も青くなる予定です。
*7月10日発売開始予定!

 

当店オリジナルブランド「一(いち)」を、
季節に応じたタイプの酒質で楽しんでいただこうという「一(いち)の春夏秋冬めぐり」プロジェクト
その一環として、「一(いち)」の夏酒版を今回初めて造りました。
(まだ瓶詰め前のため、ラベルデザインしか公開出来ない事をご容赦ください。)

コンセプトは「夏に冷やして美味い、爽やかなしぼりたて純米大吟醸生酒」です。
今回はアルコール度数を従来の16度から14.5度に調整する等、お酒の設計に変更を加えてますので、
従来の「一(いち)」に比べスッキリと軽快な味わいになり、暑い季節にぴったりなお酒になっております。

先日、吟醸工房から今回の「一 爽涼」のサンプル酒が届きましたので、スタッフ全員で試飲しましたが、
想像通り、いや、想像以上の味わいに仕上がっておりました!

当店の「一(いち)」の基本の味わいは「香り良く、コクがありキレが良い辛口のお酒」なのですが、
アルコール度数を14.5度の設計で造っていただいたおかげか、
コクの部分は少し濃醇さが軽減された分、キレ感が増して非常に爽快な味わいになっております。
この酒質であれば、単独飲みでも飲み疲れする事なく、食中酒としても料理と相性良く、
杯を重ねる事が出来ると思います。

そして想像以上にびっくりしたのが香りの部分です。

ウィスキーの「トゥワイスアップ」と同じ原理なんでしょうか?
アルコール度数を下げた事によって、逆に香りが開いたように感じられました。
鼻をグラスに近づけた時に香ってくる「上立ち香」が、より華やかに軽やかに香ってくるのです。

従来の「一」を飲んでみると、口に含んだ際に鼻に抜けて香ってくる「含み香」が芳醇に香ります。
一方、今回の「一 爽涼」は「上立ち香」が際立っている分「含み香」が控えめです。
そのため飲んだ後のキレが良く感じられ、飲み疲れせずに長い間楽しむ事が出来ると思います。

そんな夏にぴったりのお酒に仕上がった「一(いち)爽涼」。予定では7月10日(火)販売開始です。
サッカーワールドカップでは、ちょうど準決勝がスタートする日です。
もし日本代表がその日まで勝ち残っている事が出来れば、日本中が一つになって応援するでしょう。

とても難しい事だと思いますが、もしそれが叶ったその時には、
この「一(いち)爽涼」が乾杯酒になったら良いな、と密かに夢見ている私なのでした。

サッカー日本代表の戦いと同じく、当店初のオリジナル夏酒「一(いち)爽涼」にもぜひご期待下さい!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.