製法も新たに生まれ変わった「蓬莱泉 純米大吟醸スパークリング・プラチナ」リニューアル発売!

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

今年2019年の3月に書いたこちらのブログで、
リニューアルに向け一時休売となるご案内をさせていただきました
蓬莱泉の最上級スパークリング日本酒「蓬莱泉 純米大吟醸スパークリング・プラチナ」が、
ついにリニューアルし、昨日当店にも入荷してまいりました!

「蓬莱泉 純米大吟醸スパークリング・プラチナ」720ml

【原料米】自社栽培夢山水100%
【精米歩合】30%
【アルコール度数】13%
【概要】瓶内二次発酵、デゴルジュマン(澱引き)等、忠実なシャンパン製法で造った日本酒スパークリング
【価格(税別)】5,200円

*ラベルは従来と同じですが容量、製法、味わいを刷新し、約8カ月ぶりにリニューアル発売!

 

「蓬莱泉 純米大吟醸スパークリング・プラチナ」のリニューアルが発表されたのが今年2019年の春先で、
それから一時休売となっておりました。が、ついに約8カ月ぶりに当店に姿を見せてくれました。
しかもデカい!リニューアル前は360mlでしたが、今回は720mlにサイズアップです。

味わいですが、従来の「スパークリング・プラチナ」もキリッとドライで、
透明感のある洗練された飲み口で美味しかったのですが、
今回は更に「旨み」「飲み応え」「熟成感のある余韻」を追求した味わいに仕上がっております。

その味わいの追求のために、
これまでの製法を見直し、発酵時間を長くする事で味わいにコクの深みが多く加わりました。
同時に完全発酵に近い状態まで発酵時間を長くした事で、生成されたアルコールも多くなり、
度数も従来の10%から13%になり、飲み応えもアップしました。

そして今回のリニューアルに際して一番のこだわりが発酵時に出る澱(おり)引きの方法です。

発酵過程で瓶内に生成された澱を「ルミアージュ」(動瓶)という作業で、
瓶を少しずつ瓶口を下にしてボトルを少しずつ左右に回しながら立てていき、澱を瓶口の栓の近くに集め、
その後「デゴルジュマン」(澱抜き)という、瓶口に集められた澱が凍らせて、
瓶内のガス気圧で澱を一気にはじき出すという、シャンパンと全く同じ製法で行っております。

これにより、従来の「スパークリング・プラチナ」で発生していた澱による濁りがほとんどなくなり、
よりクリアで洗練された飲み口になりました。

これから年末~年始にある酒宴にぴったりの、贅沢な日本酒スパークリングです!
リニューアルした「蓬莱泉 純米大吟醸スパークリング・プラチナ」をよろしくお願い致します!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.