<残数わずか!>蓬莱泉の最高峰 純米大吟醸「摩訶(まか)」

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。

2018年の3月は、昨年よりも8日遅く吹いた「春一番」と共にスタートしました。
蒲郡では1日の未明におよそ20日ぶりの雨と共に、風速10mを越える強い南風が吹き荒れました。
低気圧は発達しながら北上を続け、今日は北海道で近年にない猛吹雪をもたらしているようです。

季節の変わり目にはこういった極端な気象現象が起こりやすいものですが、
穏やかなポカポカ陽気が急に嵐に一変するという天気の「振れ幅」が、最近は特に大きいように感じます。
皆様も急激な気候の変化で体調を崩すような事が無いようお気をつけください。

 

さて、本日は以前当ブログにてご紹介させていただきました、
蓬莱泉の超限定酒、「蓬莱泉 摩訶(まか)純米大吟醸」の2017年瓶詰め最終入荷分が、
2018年3月1日時点で720mlは残り1本、1800mlは残り5本と、残数僅かとなりましたのでご案内させていただきます。

「蓬莱泉 摩訶(まか)純米大吟醸」
・原料米:自社栽培の夢山水100%
・精米歩合:30%
・アルコール度数:16度
・価格(税別):5,500円(720ml/写真:左)  13,000円(1800ml/写真:右)
*2018年3月1日現在、720mlは残り1本、1800mlは残り5本です。

 

年に一度のみ出荷される蓬莱泉の歴史上最高峰のお酒「摩訶(まか)純米大吟醸」
蓬莱泉が全社員の思いを込めて造り上げた、まさに「摩訶」(偉大な)お酒です。
元々は2014年、蓬莱泉を造る関谷醸造様の「150周年記念酒」として少量のみ造られたお酒でしたが、
あまりの出来の良さに問合せが殺到。その翌年から年一回出荷の限定出荷商品となりました。

自社栽培した愛知の酒造好適米「夢山水」を、約2週間もかけて30%まで精米。
磨き上げられたお米からは、雑味成分が無くて透明感のある、きれいな味わいのお酒が生まれます。
そこから一本一本「瓶貯蔵」を行い、ゆっくりまろやかに熟成をさせました。
華やかな香りと心地よい甘味は、多くの人に幸福感をもたらします。

「まるで高級ワインのような気品を感じる!」
「杯がどんどん進んで、いつの間にか瓶が空になってしまう。」
「ひっかかりがなく、これまでにない優しい口当り。」

実際にお買い上げいただいたお客様からも、満足のお声をたくさんいただいております。

オンラインショップ販売不可の、店頭での販売のみとなりますが、
配送も承っておりますので、ご希望のお客様はお電話かメールでご用命ください。

蓬莱泉が米づくりから酒造りまでを一貫して行い、全ての工程に最高を求めて造られた、
蓬莱泉の中で最上級を誇る幻の限定酒です。
完売すると次回入荷は2018年の11月になってしまいますので、お求めの方はお急ぎくださいませ!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.