飲みごたえ充分!我が思い出の赤銅色ラガー「ミツボシビール ウィンナスタイルラガー」

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

「自粛太り」でしょうか。この2カ月の間に体重が5キロ近く増えてしまいました💦

かなり昔、新婚旅行でドイツとオーストリアに訪れた時ですが、
どちらの国もビールと料理が美味くて美味くて、
約2週間の旅行から日本に戻った時には、旅行前と比べ5キロ太っていた事を思い起こさせます。

ドイツではミュンヘンの大きなビア・ハウスで、
大ジョッキに入って良く冷えた黄金色の「ピルスナー」をがぶ飲みしてましたが…、

オーストリアのウィーンでは川沿いにある小さなレストランにて、
ツアコンさんのおススメで濃い赤胴色の「ウィンナラガー」を飲ませてもらいました!
色も味わいも濃厚で、その晩のメインディッシュにとてもよく合ったのを覚えています。

本日はそんな私のウィーンでの思い出のビール「ウィンナスタイルラガー」のご紹介です!

ミツボシビール「ウィンナスタイルラガー」330ml

【醸造元】盛田金しゃちビール(愛知県犬山市)
【スタイル】ウィンナスタイルラガー(下面発酵)
【原料】麦芽・ホップ
【アルコール度数】6%
【概要】欧州産アロマホップと旨味に富んだ麦芽を贅沢に使用。ボディー感のあるリッチな味わい。
【価格(税別)】476円

 

醸造元は愛知県犬山市の「盛田金しゃちビール」様。「世界の伝統的なビール造り」をコンセプトに、
ミツボシブランドが誇る明治からの歴史、培ってきた技術により、
見事に日本の飲食文化と融合した「ウィンナスタイルラガー」に仕上がっております!

原料もウィンナスタイルにこだわり、欧州産のアロマホップを使用してエレガントな香りに。
そして一般的なラガーやペールエールに使用される「ペールモルト」よりも高温で焙煎し、
少し焦げ目をつけた「ウィンナーモルト」を使用し(これがウィンナスタイル!)、
赤胴色とナッツのような少し燻したような麦の香ばしさを実現しました。

(飲むと新婚時代を思い出す…)

 

麦のロースト感が伝わる、飲みごたえ充分のミツボシビール「ウィンナスタイルラガー」。
燻製やサバ味噌、ブリの照り焼き、濃い味付けの肉料理に良く合うと思います!
この夏、ご自宅で贅沢な「乾杯ラガー」としてもおススメです。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.