梅酒造りで漬けた梅の実は美味しい健康食品♪「ほうらいせん梅の実(日本酒漬け&焼酎漬け)」

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

早いもので今年も「夏至(6月21日)」を過ぎました。
この時期になると梅雨前線も本格的に活発化してきて、暑さと共にジメジメ感も増してくる訳ですが、
身体がまだ暑さに慣れていないのと、湿気が多いため体の外に熱気を発散しづらく、
熱中症になりやすい時期らしいのです。

「夏至」の日には、昔から冬瓜(とうがん)を食べる風習がありますが、
冬瓜にはカリウムやビタミンCが豊富に含まれており、体温や血圧の上昇を抑える効能があると言われ、
夏バテや熱中症の予防にはうってつけなんだそうです。
この風習に込められた先人の知恵はすごいと感心させられます。

また、梅雨は梅酒造りのシーズンでもあります。
毎年この時期にご自宅で梅酒を漬けられている方も多いと思いますが、

梅酒造りに使用した梅の実はどうされているでしょうか?

容器に入った梅酒を全て飲み切ったら、梅の実だけが残ります。
でもこの梅の実、梅酒を漬けた後の「出がらしの梅の実」と侮ることなかれ!
梅の実の果肉にお酒の風味が浸み込んで、
とても美味しい「大人の健康食品」(アルコール分を含むため)に変貌を遂げているのです。

「梅はその日の難のがれ」と言われ、梅に含まれるクエン酸による疲労回復作用や美容効果など、
身体に良い効能を持っており、まさにこの暑い時期、冬瓜と並び食べていただきたい健康食品なのです。

この度、関谷醸造様の「ほうらいせんの梅酒」で漬けられた梅の実が2種類入荷してまいりました!

「ほうらいせん 梅酒の梅の実(日本酒漬け)」500g
・原材料:「ほうらいせん日本酒でつくった梅酒」を漬け込む時に使用した梅の実。
・味わい:日本酒の香りと旨みが浸み込んだ、優しい味と柔らかな食感です。
★アルコール分を含みます。お子様やお酒の弱い方が召し上がる際にはご注意下さい。
・価格(税別):250円

 

「ほうらいせん 梅酒の梅の実(焼酎漬け)」500g
・原材料:「ほうらいせん自家製焼酎でつくった梅酒」を漬け込む時に使用した梅の実。
・味わい:焼酎の香りが浸み込んだ、爽やかな酸味とシャキっとした食感です。
★アルコール分を含みます。お子様やお酒の弱い方が召し上がる際にはご注意下さい。
・価格(税別):250円

 

商品ラベルはいつものごとく、私の手づくりです(笑)。
実際に食べてみましたが日本酒漬けは柔らかくて優しい味わい、
焼酎漬けは爽やかなシャキシャキ感、どちらも個性があって美味しかったです。

大人の方はおやつやお酒のおつまみとして、そのまま食べていただけます。
お子様でも、アルコール分を飛ばして「梅ジャム」にすれば美味しくいただけます。
料理の香味付けやアクセントにもお使いいただけますよ。

愛知県で一番の梅の名産地である奥三河の「鳳来梅」100%!
身体にも美味しくて優しい、この時期ならではの食材です。
お値段もお手頃ですので、是非お試し下さいませ!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.