オホーツク・ブルーに染まった発泡酒!「網走ビール 流氷ドラフト」

蒲郡の酒屋「まん天や」の日記ブログにお越しいただきありがとうございます。
木村です。

そろそろ年度末を迎えるこの時期、当店では酒類の棚卸を実施するのですが、
同時に、今店頭にある在庫の見直しもあわせて行います。

適宜に新しいアイテムに入れ替える事で売り場の活性化を図るわけですが、
新しく仕入れるアイテムを何にするか、その判断基準は、
私の独断だったり、お客様のご要望だったりと様々です。
迷った時には、「どっちがいいと思う?」と家族に聞いてみたりもします。

そんなやり取りの中で「青色でかっこいい!」と家族がすすめてくれて
仕入れた発泡酒を本日はご紹介させていただきます!

網走ビール「流氷ドラフト」350ml

【醸造元】網走ビール株式会社
【スタイル】オリジナル(発泡酒)
【原料】麦芽・ホップ・糖類・クチナシ色素
【アルコール度数】5%
【概要】流氷を仕込水に使用。天然の色素クチナシで青色に染まった発泡酒。苦みを抑えたキレのある味わい。
【価格(税別)】310円

 

世にも珍しい、青色をしたインパクト抜群の発泡酒です。

北海道の網走に面しているオホーツク海の深い青色をイメージして、
天然色素であるクチナシ色素を使用。東京農業大学生物産業学部による技術協力もあり、
見事な「オホーツク・ブルー」に染まっております!
(実際に見てみると、サファイアブルーを少し濃くしたような色合いです)

飲んでみますと、アロマホップによる柑橘系の優しい香りと、
そして苦味がほとんどない、ほのかに甘ささえ感じられるフルーティな味わいです。
そして仕込み水には「オホーツク海の流氷」を実際に使っているためか、
非常にスッキリとした軽快な喉越しです!

飲む時にはぜひともグラスに注いで、オホーツクブルーを愛でながら味わっていただきたい!
この流氷ドラフトは「視覚」と「味覚」の両方で楽しむ事が出来る、
エンターテイメント性の高い発泡酒だと言えます。
この春に家飲み用のビールを選ばれる際には、候補の一つとしていかがでしょうか。

(追伸)
そう言えば、以前私は「黒いにごり酒」をご紹介した事がありました。
珍しい見た目つながりで、こちらも是非ご参照ください!

気になって仕方がなかった白・黒のにごり酒!「國盛 のたぼうず」

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.